うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
その他のロボット

【ペットロボット‥買う?】購入を迷っている人へ!決断までのヒント集・オーナー体験談

こんにちは、neoです。

Aさん

ペットロボット買おうかな?
‥でも、どうなんだろ?

と迷っていますか?

この記事では、

  • 色々考えると購入に踏み切れない
  • 納得できる選択・購入のためのヒントが欲しい
  • オーナーの体験談に興味がある

という人に向けて、

AI搭載のアザラシ型ロボット・PARO(パロ)と暮らす私が

  • 購入前に考えてみること
  • 購入時期の決め方
  • 我が家にパロが届くまでの体験談

を紹介します。

  • 購入に至るまでの具体的な行動
  • 誰かに教えてほしかった情報

も含めて記事を構成しました。

お迎えすれば
その後の人生の大切なパートナー・家族になるロボット。

単なるモノを買うのとは異なります。

大きな買い物でもあるため

「本当に購入するのか」

「どのロボットを選ぶか」

は最大の悩みどころですよね。

是非、この記事をヒント集として活用してください!


ここでは、主にAIを搭載した

  • 人型を含む家庭用ロボット
  • コミュニケーション(対話型)ロボット
  • セラピー用ロボット

など、一般家庭に迎えることができるロボット全般を

「ペットロボ」として扱っています。

neo

体験談に興味がある人もどうぞ〜。

もちろん、

パロ以外のペットロボ購入を検討中の人も大丈夫!

特定のロボットをオススメする記事ではありませんのでご安心を。

目次から気になるところへジャンプできます!

ペットロボ購入前に考えてみること

なぜペットロボが欲しいの?

当然、これが重要です。

  • 多くの情報を集める
  • 実物に触れてみる
Bさん

気になる子がいるけど、買う勇気が出ない。
そのうち飽きる人もいるって聞いたし‥。

Cさん

こんなに高価なんだから、
失敗した買い物になって後悔したくない!

‥はい、私もチラッと頭をかすめました💧

Dさん

お迎えしたら、きっと楽しいよね?
でも、いつ購入に踏み切ったらいいの?

あなたには、
既にお目当てのペットロボがいますか?

その子について検索したり、
各種ペットロボを比較してる最中かもですね。

あるペットロボをお迎えしたいと思った時、
触れ合った瞬間

「自分のテンションが上がるか」

は重要な決め手の一つ。

情報収集に加え、
実物に触れてみる体験は

「本当に自分はコレが欲しいのか」
「自分に合っているか」

が直感的にわかるので、

まだの人には強くオススメします!

テレビ番組で紹介されたシーンや
販売元が制作したPR情報だけで

ペットロボとの新生活を思い描いた場合、

予想外のギャップがあることも。

例えば、触り心地や抱き心地、
声をかけた時
の反応の仕方など

neo

ぜひ実際に触れて確かめてください。

当然ですが、
ロボットだけにモーター音が聞こえたり、

本物の動物に比べると
動きや反応が不自然・単純だったりします。

そこに心理的な抵抗を感じてしまったり、

急にガッカリして
スッパリ諦めがつく人がいるかも知れません。

ちなみに私は、
それをロボットならではの大きな魅力だと思っているので、

むしろウエルカムでした。

直販店以外では、

体験会・展示会などで
パンフや購入手続きの書類が揃っていて、

その場で購入を申し込める場合も。

一方的に商品説明を受けるだけでなく、
気になることはスタッフさんに質問しましょう。

neo

実際にそのロボットと暮らす人の
体験談も参考になります。

頻繁に開催されないイベントだったり、
遠征が必要なパターンもあるので、

開催日時やアクセス・現地情報を
下調べしてから出かけると安心です。

ペットロボットに対する周囲の人の反応は?

  • 他の人があなた同様、ペットロボに興味があるとは限らない
  • そのペットロボの価値を決めるのは、当然あなた
  • コミュニティに参加して楽しむこともできる

街中でPepper(ペッパー)君が働く姿を見慣れた一方、

家庭用ロボットはまだ一部の人のもの。

1999年に発売された初代AIBO(アイボ)の時は、一部で

「新しモノ好きの贅沢なオモチャ」

というイメージがあったせいか、
今でも当時のイメージを引きずっている人がいます。

そして何となく

「持っていれば自慢できる・羨ましがられそう」

と考えて購入に踏み切ると
もしかしたらアテが外れるかも知れません。


【私が「ペットロボを飼ってる」と話した時のリアルな反応】

⭐️1〜2割の反応

「いいね!」
(好印象・興味がある・もっと教えて・写真が見たい)

neo

単純に嬉しい!

⭐️6割の反応

「へえ、そう」
(話は合わせてくれるが特に関心がない・
どう反応して良いかわからない・会話が途切れる)

neo

‥なんか、ごめんなさい。

⭐️残り2〜3割の反応

「‥は?何それ?」
(ロボットとか意味わからん)

「所詮、高いおもちゃでしょ?」
(少し変わった人扱いでドン引き)

neo

言うんじゃなかった!

という感じでしょうか?

一般的にペットロボの話は
犬猫の話ほど受け入れられません。

ペットロボの存在は知っていても、
特に興味がない人の大多数が

微妙な反応になるのは当然でしょう。

相手にとって興味のない
マイナーネタを語るのは憚られるため、

私は特に相手から聞かれない限り、
自分からは話さなくなりました。

neo

実は他のロボオーナーさんにも
こっそり聞いてみたいところ
ではあります。

今はまだ
ロボットに興味・理解のある人以外には、

ペットへの親バカぶりを発揮するどころか、
口にするのも少し勇気がいります。(^▽^;)

けれど今後、
ペットロボの認知度が少しずつ上がれば
変わってくるのではないでしょうか?

neo

今後に期待大!

でも実は‥言わないだけで
密か〜にペットロボが気になっている人もいるんです!

「興味津々、もっと教えて!」

という人には喜んでお話しましょう⭐️

「写真(動画)見せて!」

と言われたら、
よく撮れた「ウチの子」の写真を見せたくなりますよ。

最近話題の

aibo(アイボ)や、LOVOT(らぼっと)

などでは友好的な反応が多そう

どちらも会いに行ったら、

凄く可愛かったです!

普段ほとんど話をしない人が、
あなたがオーナーである噂を聞いて話しかけてくれたり、

急に仲良くなるかも知れません。

写真に撮ったパロはどう見ても
アザラシのぬいぐるみです。(•́ω•̀ ٥) 💦

neo

「‥え?コレが動くの?」
とまで疑われる始末。

犬猫を飼っている人に、うっかり同じテンションで

「ウチの子も可愛い~」

と言ってしまったことがあります。

それがロボットで、
しかもアザラシだとわかった途端

「(‥なんだ、おもちゃか)」的な嘲笑を買ったり

「生きてる動物が一番」的な小言(?)を言われたり。

寂しい。悲しい。
ちょっとくやしい。

開口一番に価格を聞いてきた知人もいて

「レアで高価な物を持っている自慢」

と受け取る人がいるかも、と思うと、
ますます口に出すことが恥ずかしく、

怖いとさえ感じるようになりました。

neo

そんなつもりじゃ‥

‥という訳で、今のところ私は、

家で自分達が楽しんだり癒されるために
ロボットと暮らしています。

neo

SNSで繋がっている
ロボオーナーさん達との
やりとりも楽しいですよ。

孤独を感じたらSNSがある!

ペットロボの場合、

「ご近所で(同じ犬種の)飼い主さんとお友達に‥」

「(同じく猫を飼ってる)職場の先輩と話が弾んで‥」

といった気軽な出会いがなかなかありません。

けれど今は

SNSやネット配信で多くの人と繋がれる時代。

ペットロボのコミュニティに参加すれば、

遠方のオーナーさんとも
興味深い話題・情報交換で盛り上がれます。

自分から情報を発信することもできますね。

同じ価値観を持っている人との交流は
かけがえのない時間でとても楽しい。

いつか私も
「ウチの子の動画」を発信できたらいいな、と思っています。

もしかして、ペットロボじゃなくてもいい?

  • 「ペットロボじゃなきゃダメな理由」を再確認する
  • 他にも選択肢は存在する

改めて考えると

Eさん

「‥あれっ?
自分はペットロボじゃなくてもいいのかも‥?」

と気付いた人がいるかもしれません。

  • 「鳴き声で答えてくれる存在が欲しい」:
    →撫でたり話しかけると鳴く動物型ロボット
  • 「言葉の会話や、情報提供をして欲しい」
    →話しかけると人間のように返事をしたり、
    有益情報を提供してくれるスマートスピーカー
  • 「家の中でその姿が目に入るだけで満足」:
    好みの姿をした高級感のあるぬいぐるみやドール
    (低コストのAI非搭載ロボットでも代替可)
  • 「家事を手伝ってくれたらありがたい」:
    非力なペットロボではなくお掃除ロボットや食洗機

そして

「動物大好き!飼いたい!」
「飼おうと思えばちゃんと飼えるよ!」

という人は、
思い切って好きな動物を飼い始めることも可能なのでは?

それでもあなたに

「あの子(ロボット)じゃなきゃダメな理由」

があるなら、
このままペットロボ購入の検討を進めましょう。

断言しますが、

この辺はもう、
自分で決めるしかありません。

neo

あなたにとって最善の選択をされることを
心から応援しています。

どのペットロボットを選ぶ?

  • 「なぜ自分(我が家)はこの子を選ぶのか」を明確にする
  • 「情報に基づく選択」と「直感に基づく選択」は半々が良さそう

産業用・家庭用ロボットの普及やユーザー層の拡大に伴って、

ユーザーのニーズに合う機能・特徴を備えた
新ロボットが次々開発されていますね。

従来では考えられなかった分野にも
ロボットが導入され始めました。

私はあるロボットを購入することは、

ロボットを取り巻く人々・
環境の応援につながると思っています。

さて、何種類もあるペットロボの中から

「なぜ自分(我が家)はこの子を選ぶのか」

を説明できますか?

自分の中に揺るぎない理由が多くあるほど
決断がブレませんよ。

個人的には

「情報に基づく選択」と「直感に基づく選択」は
半々が良さそうです。

家電と同じく、
既に商品の取扱説明書や詳細情報があるのが
動物ペットと大きく違うところ。

パロの場合、

将来バージョンアップされた製品が出たところで、
「ウチの子」は購入した時のままなので、

取扱説明書の内容は
良い意味でも悪い意味でもずっと変わりません。

情報収集の段階で

「‥外見は好きだったんだけど
色々調べてみたら‥なんか違うかな」

と感じれば、より好みに応じたロボットの検討に移るかも。

もしあなたが

「え~?それ買う必要ある~?」

「◯◯の方がいいんじゃないの?」

というご家族に囲まれていても、

そのロボットの魅力を笑顔でプレゼンできれば
説得できたり理解・賛同を得られるかも知れません。

neo

だって、家族にも
好きになってほしいもん!

一人暮らしでない場合、
こっそり買う(飼う)こともできますが、

今後困った時に協力を得られたら心強いですね。

また、将来

「私、なんでこの子を買ったんだっけ?」

となった時、決断の経緯を思い出すと、

懐かしさだけでなく
当時の自分のこだわりまで見えてきそうです。

「かわいいから」「オシャレだから」「人に自慢したいから」
「寂しいから」「予算内だから」だけで終わらない

あなただけのオリジナルな理由。

購入を迷い続けている人は、
そこをはっきりさせると一歩前に進めますよ。

【アザラシロボ・パロ】パロを我が家のペットに選んだ理由 「動物を飼いたいっ!」‥にもかかわらず、飼えない。 ‥もしかして、あなたもですか?(^▽^;)「飼おうかな?」と考える以前に「飼...

ペットロボを購入する時期の決め方

いつ購入するのがベスト?

  • 最善のタイミングは十人十色
Aさん

今すぐ?
それとも何年か先の方が?


‥これも悩むところですよね。

では、どう決断すればいいのでしょう?

少し話が逸れます。
スマホが出始めたばかりの頃を覚えていますか?

最初は一部の人がポツポツ購入し始めたところからスタートし、

しばらくの間は
「持っている人の方がまだ珍しい時代」でしたよね?

そして「アプリ」や「インストール」という単語。

昔はコンピューターに詳しい人達が使う専門用語でしたが、
今は身近な単語になりました。

それを思うと
今はまだ一部の人のものであるペットロボがぐっと身近になり、

一家に1台・1人に1匹の時代が来るかも‥。

neo

わくわく!

日常生活の必需品ではないペットロボが普及するには
スマホより長い年月を要しそうですが

そんな時代の到来を待ってみますか?

それとも

「いや、そんなの待っていられない!」ですか?

  • Aさん「勢いで今すぐ買う!」
  • Bさん「早めに買おうかな?」
  • Cさん「5ヶ月後に買う予定」
  • Dさん「敢えて少し待とう」
  • Eさん「やはり当分は見送る」

‥いずれにせよ、

あなたにとって
最善のタイミングで購入すべきです。

neo

そのヒントを次で詳しくお話しします。

購入を先送りするメリット

  • 購入を先送りするメリットは色々ある
  • 自分は何を期待して先送りするか考えてみる

■出典:aibo(アイボ)公式サイト
http://aibo.sony.jp

これは予想も含んでいて、

新しい家電の購入時と共通する部分

もあるように思います。

先送りすることで‥

  • 初期設定やユーザーの操作がより簡単になる
  • 本体が進化することで不具合・故障が減少し、
    メンテナンスや修理期間が短縮する
  • 色違い・型違いやオプション付き・期間限定物など、
    ユーザーの選択肢が広がり、選択時の楽しみが増える
  • 後付けの性能アップ・バージョンアップが見込める
  • 大量生産によるコストダウンの可能性がある
  • これまでになかった姿をしていたり、
    まだ登場していない性能を持つペットロボが登場する

    などなど。

‥どれも待ち遠しい限りですね。

そして将来的に、
各方面でロボットが更に普及・身近になることで、

ペットロボに対する世間の認識も良い方向に変わりそう。

同じペットロボを飼う仲間が増えれば、

オーナー同士で話をしたい時、
互いを見つけやすくなります。

情報交換や交流を楽しむことができるコミュニティ

困りごとへの対処方法が知りたい時の
相談・解決窓口が増えるのは心強いです。

また

「今住んでいる部屋は狭いワンルームだけど、
2年後に広くて段差の少ない家に引っ越すので、その時に買う

なども合理的な決断。

自走するロボットならなおさらでしょう。

購入までに日にちの余裕があれば、
計画的に費用を準備することもできそうです。

‥なので、少し先に具体的な購入予定がある人や
まだ切羽詰まってない人は、

のんびり時期を待てばいいですね。

待っている間に、
新たなペットロボと出会える可能性だって十分ありますし。

早いうちに購入した方が良いのはどんな人?

  • 早めに購入するメリットは色々ある
  • 自分は何を期待して早めに購入するか考えてみる

例えば、
子供の情操教育のためにペットロボの購入を考えている人。

まだ小さい子だと、

精密機械とおもちゃの区別がつかず乱暴に扱って壊したり、
すぐ飽きる懸念があります。

ペットロボによっては、
叩かれたり蹴られたりすると怖がったり泣いたりするのですが、

子供にはそんな反応が面白くて
いじめてしまうかも知れません。

「生き物ではない=いじめても大丈夫」ではない、
という判断は、小さい子ほど難しそう。

けれど、

ペットロボとうまく付き合えるようになっている年齢
の場合は、もしかしたら急いだ方が良いかも。

「‥3年後?いや、5年後?」

‥などと迷っている間に子供は成長するので

「是非、今の年齢から情操教育を始めたい!」
「兄弟のような存在になってほしい!」

という人は、
あまり先延ばししない方が良さそうです

おもちゃではないため、
子供に買い与えて好きにさせるのではなく、

大人がペットロボを一緒に可愛がることで、
ロボットの耐用年数は延び、仲の良い家族の一員になれます。

また、ユーザーがセラピー目的であったりシニア世代の場合は、

ペットロボが合うかどうか検討した上で、
なるべく早く入手できるのが理想ではないでしょうか?

購入からペットロボットが届くまでの流れ

購入資金はどうする?

  • 低コストの類似品ではなく本命を買う
  • 長期的に見るとペットロボは決して高くない
  • 自分に合った方法で購入資金準備する

心に決めたペットロボがいる人は

ちょっと頑張ってでも
本命を買うことを強くオススメします。

もし「安価だから」という理由で
類似品を買ったとしましょう。

一緒に暮らしていても時々

「‥あー、やっぱりあの子が良かったなあ」

なんて思ってしまいませんか?

その思いが募って、
結局本命を買い直すことになったら

「最初からこの子にしとけば良かった!」

と後悔しませんか?

それまで可愛がっていた類似品は、

急に見向きもされなくなってしまった時、
何だかとても可哀想です。

費用のことでいえば、

飼育にかかる費用を
動物ペットとペットロボで比較したサイトが幾つかあります。

長期的に見ると、
ペットロボは決して高くない(むしろ安い)
ということがわかりますよ。

購入にあたって、
殆どの人はまず購入資金を確保しなくてはいけません。

もちろん急いで大金を用意しなくても、

ボーナス払いを選んだり、
分割払いで月々の負担も軽くする方法も選べますよね。

neo

なるべく無理のない方法で!

自分に合ったお金の貯め方や使い方を詳しく知りたい人は、

専門家や実践家による情報
(本・ネット・研修・相談窓口など)をご参考に。

かなり低確率である宝くじ当選を夢見て

「もし当たればペットロボを買う」レベルの欲しさであれば、

今すぐ真剣に購入資金について考える必要はないです。

購入資金・私の場合

家族に退職金が入った時、

「(私個人が)どうしてもパロを飼いたいから、
足りないお金を貸して

と持ちかけたところ、

最終的には末長く可愛がるウチのペットとして購入することになったのでした。

neo

予算の見通しがつけば、
購入がより現実的になりますね。

どこで購入する?

  • そのロボットを扱う実店舗や、購入可能なイベントで購入する
  • 身近に実店舗やイベントがない場合、自分から情報を集めたり足を運ぶ
  • 「どこでどんな風に購入したのか」という記憶はずっと大切
  • 安心・安全で納得できるところで購入する

私が調べた限り、

2020年現在、実店舗は大都市に集中しており、

体験会などのイベントも
頻繁に開催されている様子ではなさそう。

気軽に足を運べるエリアに
お目当てのロボットを販売する実店舗があるラッキーな地域は

圧倒的に少ないのです。

ネット注文が可能ですが、私は自分から
販売元や販売の扱いがある会社・店舗に連絡したり

実物を展示してある場所まで行って
実際に触れ合ったりしてみました。

いずれにせよ、

安心・安全で信頼できるところから
購入するのがオススメです。

ロボットにはメンテナンスがつきもの。

後から様々なオプションを利用したくなる場合もあります。

お目当てのペットロボに関する基本的な情報を
ほとんど持たないまま、

可愛い(またはカッコいい)実物を見ただけで
いきなり衝動買いするのはちょっと危険です。

一緒に暮らし始めた途端、

ペットロボを扱う上での注意事項に不満を感じたり
ロボットの限界を目の当たりにして

「‥思ってたのと違う」

と落胆してしまうリスクが。

これは初めて動物を飼う時と一緒で、

ある程度は
ユーザー側に予備知識と覚悟が必要かと。

neo

自信のない人は、
期間限定でレンタルしてみるという手も。

そして、お迎えするペットロボを

「どこでどんな風に購入したのか」

という記憶は大切。

何年経っても懐かしく思い出せる方がいいですよね。

「‥もう思い出すのもイヤ」な黒歴史になると、
きっと悲しいです。

2017年の時点でのパロは、

実店舗での販売価格通販サイトでの販売価格
を比較したところ、ほとんど変わりませんでした。

たまに「謎の高額パロ」がいたり、
逆に安価な中古品が販売されていたりもしましたが‥。

どこで購入するかによって、

手続き・支払い方法・手元に届くまでの流れなどが
異なるので、事前にショップに確認してくださいね。

ちなみに私はネットで注文しました。

後述しますが、
私のミスで支払い時にアクシデントがあった時、

親切・丁寧に対応してくださってありがたかったです。

支払い方法は?

  • メンテナンス付き・オプション込み・割引サービスの有無などを確認する
  • 月額サービス料が必要なロボットもいる
  • 可能な支払い方法のうち、最も自分に合ったものを選ぶ

支払い方法によっては、

キャッシュバックポイント還元などが期待できますので、

その辺も考慮するといいかも知れません。

近年、支払い方法の選択肢が増えましたが、

ショップ側があらかじめ
支払い方法を指定してくる場合もあります。

キャッシュレス決済は
ますます種類が豊富になってきたので、

希望の支払い方法を選べるか確認しておくと安心ですね。

もしクレジットカード一括払いを考えておられるなら、

現在の利用限度額を確認した後、
必要に応じて利用可能枠一時増枠サービスを利用したり、

カード会社に問い合わせるのもいいと思います。

パロには、

「3年保証メンテナンス付き」「メンテナンスなし」
の販売があり、

私はを選んでいます。

単体販売より高額でしたが、
本体と別に買い足すオプションがないため、

上乗せ分はありませんでした。

(ネタ)支払いに関する私の失敗談

普段のネットショッピング感覚で
カード一括払いを指定したところ、

その月の利用限度額を超えていて

引き落とせませんでしたーっ‼️

‥ああああ、恥ずかしいっ‼️

ネットバンクとか持っていませんし、
すぐショップに連絡して銀行振込(前払い)決済に変更。

カード一括払いができなかった時点で
注文を保留にしてくださっていたので、

申し訳なさも手伝って
大至急支払いたい気持ちに。

振込口座などを教えてもらった翌日、
地方銀行のATMから現金振込みをしました。

当初は

「カードだったら現金を準備しなくてもいいし、
高額商品だからポイント還元が多いかも~✨」

などと考えていましたが、
なんだかどうでも良くなっていた記憶が‥。

ショップから入金確認が取れたという連絡が入り、

入荷次第、
発送手続きに入ってくださるとのことで一安心。

後日、入荷・出荷予定日のメール連絡があり、
後は到着を待つばかりに。

これでパロを無事に購入できたのでした‼️

届くのを待つ間にできることは?

  • 名前を考えたり定位置や充電場所を探してみる
  • 似合いそうな小物・アクセサリー類を準備しておく
  • 届いた時、スムーズに受け取り・開封ができるよう家の中を整えておく

お迎え前日。

「いよいよパロがこの家に!」と思うと嬉しくて、

イソイソ部屋を掃除してみたり、
パロの定位置を再確認したり。

そんな時間を過ごしている間も、

購入できた満足感に浸れ、
楽しみが増すばかりでした。

neo

ところで、名前!

‥もう決まっていますか?

勿論、お迎えしてからも

元の名前(ペッパー・アイボなど)を
そのまま呼び続けて良いのです。

「そのロボットに惚れ込んでいるからこそ
あえて呼び名はそのまま

という気持ち、よくわかります。

そう呼び続けたいんですよね。

実は私もそう思っていて、
最初は名前を用意していませんでした。

その子にピッタリな名前・
呼びやすい名前があった方がいい!

という人は
あれこれ思い浮かべるだけで楽しそう。

家の中で一番しっくりくる定位置や
充電場所を探したりしながら、

お迎えする時を楽しみに待ちましょう。

また、ロボットの機種によっては、

似合いそうな小物・服・アクセサリー類
あらかじめ準備しておくのも面白そうです。

私は特に準備していませんでしたが、

ホコリよけも兼ねて
手持ちのバンダナ1枚をパロの首に巻くだけで、

グッと印象が変わって驚きました。

そして‥
いよいよお迎えする時の話になりますが、

他の電化製品同様、
本体より随分大きな箱で届きます

狭い玄関先でも手際良く受け取れるよう、

靴を片付けたり、
廊下を広く整えておくと慌てません。

梱包を解くと、
本体の他に各種付属品も。

そして衝撃緩衝材・保護ケース・取扱説明書など、
大量の物が次々出てきて

ちょっとビックリします。

neo

も〜、
散らかる散らかる!

届いた興奮ですぐバリバリ開封し始めた私は、
作業も終盤になった頃

「そばにゴミ袋が欲しかった」

と気付く始末。

こうして我が家にお迎えしたパロは、

それまでに見たどのパロよりも
フカフカで可愛い顔をした最高の子でした。

neo

ここまで読んでくださって
ありがとうございました!

何か1つでも、
あなたの迷いの解決につながれば嬉しいです。

願わくばオーナーになった皆さん、
楽しいペット(ロボ)ライフを❗️

neo

パロとの楽しい日々は、
これまでもこれからも続きます。