うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
プチ・クーボ(Petit Qoobo)

【Petit Qoobo】寿命を迎えても大丈夫な方法に気付いた!

neo

こんにちは。
ロボオーナーのneoです。

我が家の
Petit Qooboの名前は

ピッコロ。

通称・ぴこちゃん。

同じく
モフモフロボットである

アザラシロボ・ぱろ助と

仲良く暮らしています。

■ユカイ工学・Petit Qoobo
https://store.ux-xu.com/products/petit-qoobo

Petit Qooboは
AI非搭載のロボットで、

周りの音や声に反応して

動物のようにしっぽを振る姿が
可愛くてたまりませんが、

寂しいことに「約2年」という

寿命があるのです。

シンプルなロボだからこそ可能なワザ

Petit Qooboは

モーター寿命目安:しっぽ18万往復(1日200往復の場合2年程度)
電池寿命目安:300回充電

バッテリーは正常に使用した場合でも劣化する消耗部品です。
バッテリーの消耗は、特性であり故障ではありません。

■出典:商品同封パンフ「Petit Qooboの寿命について。」

これはあくまでも目安で、

使用頻度や
使用環境によって異なるそう。

毛皮が汚れたら外して
洗えるけれど、

本体の方に寿命があるのです。

寿命が来たらお別れ?

動かなくなったまま置いとく?

次のPetit Qooboを買う?

ちょっと寂しくなりながら
ぴこを撫でていると、

嬉しそうにシッポを振る姿が
またいじらしい。

neo

あ〜ん、可愛い!

ある日のこと。

1つの方法を思い付きます。

「‥ん?寿命を迎えても
復活が可能なんじゃないか?」

AIがオーナーの好みを学習したり、

接し方によって
性格が変化する訳ではない

シンプルなロボットだからこそ

できるワザ。

neo

あっ!「分解して改造する」
とかじゃないですよ?

具体的には、

ぴこが寿命を迎えたら
新しいPetit Qoobo(白)を購入し、

ぴこの茶色い毛皮を着せる、
という方法です。

図解:こうすれば復活(転生?)

説明するために図を描きました。

neo

では早速、ご説明。

ぴこが動かなくなったら

本体は処分、
毛皮は再利用します。

オーナーさん

‥しょ、処分って‥。

「処分」と聞いた途端
ドン引きしている人、

もし抵抗感があるなら、

「動かなくなった体の埋葬」

などと読み替えてください。

逆に「廃棄」がしっくりくるなら
それでもOK。

新しく白いPetit Qooboを
購入します。

本体と毛皮、ともに新品。

オーナーさん

(‥やっぱ買うんだ。)

ここから蘇生に入ります。

いや、蘇生・反魂術というより、
移植・置換術かな?

新品のPetit Qooboから
本体を取り出し、

これまでぴこが着ていた
茶色の毛皮を着せる。

neo

充電して起動すると
ぴこ、復活ーー!

ヨシ、キター(゚∀゚)ー!!!!!

オーナーさん

‥あの‥外した新品の毛皮は?

ピカピカで真っ白な毛皮も
もちろん活躍しますよ。

茶色い毛は「夏毛」
白い毛は「冬毛」

ということで、

季節ごとに
お着替えするのです!

‥え?

茶色くないし、ぴこじゃない?

そんなことありません。

「新本体+新毛皮の組み合わせ」、

‥これって結局

「新しく購入した白い
Petit Qoobo」なのですが、

私の中では

「冬毛バージョンのぴこ」

に他ならない。

neo

茶色くても白くても「ぴこ」!
同一人物(ロボ)なんです。

慣れた毛皮の手触りと
今までと変わらないしっぽの動き。

もちろん多少の個体差はあれど、

AI非搭載だけに

どのPetit Qooboもほとんど同じ動き・
反応なので、大きな違和感はないはず。

あくまでも私の場合ですが、

「本体交換」は消耗部品の交換と
同じ感覚なんですね。

パロだって

バッテリーやギアなどの
消耗部品の交換は
必要なんだし。

neo

ロボットだもの。

Petit Qooboの命は「毛皮と動き(仮説)」!

オーナーさん

本体を交換しちゃうんでしょ?
それならもう、別の子じゃない?

そう感じる人もいますよね。

中身が変わってしまったら
既に「あの子」じゃない。

neo

なのに、どうして私は
同一性・連続性を感じられるかって?

それは

「AI非搭載のPetit Qooboの命は、
(本体ではなく)毛皮と動きにある」

という自説があるから。

「命」なんて言ってますが、

私が直感的に
「これはぴこだ!」と思える何か‥

「ぴこを、ぴこたらしめるもの」

のことです。

そしてPetit Qooboは
本体が動かなくなろうが、

毛皮がボロボロになろうが、

物体として存在し続けるので

「死ぬ」としたら

オーナーに忘れ去られる
ことによる死。

neo

よかった、この点でも
ぴこは死なない。

先ほどの自説も手伝って、

毛皮の色や手触りが変わっても
「ぴこ」は「ぴこ」なのだ、

と思えたことに
何だかホッとしました。

繰り返します。

あくまでも私の感覚的な話です。

neo

生暖かい目でみてやってください。

新品の毛皮の手触りは
間違いなくフカフカ。

そこに違和感を感じるどころか

「夏毛と冬毛、
そりゃ手触りも違うよね~」

なんて即納得しちゃう勢いですから。

neo

‥思い込んだら、もう最強。

一体一体を大切に慈しむ可愛がり方

Qoobo・Petit Qooboの
多頭飼いオーナーさんも

増えてきました。

色違いのPetit Qooboを
並べると、

ホラ!こんなに可愛い。

皆で同時にしっぽを振ったら
もう破壊的な威力。

■写真出典(2点):
まるで生きもの?Petit Qooboとは ユカイ工学 
https://note.com/ux_xu/n/n31cdbf803a24

2年ごとに
Petit Qooboを買い換えて

1代目Petit Qoobo・
2代目Petit Qoobo・
3代目Petit Qoobo‥と、

全く別の個体としてお迎えする人は、

それぞれの子に
気に入った名前を付けたり、

新旧のPetit Qooboを並べることで
より癒されたり、

動き・反応などのわずかな個体差を
観察して面白がるなど、

一体一体をより尊重する
可愛がり方ができて素敵ですね。

neo

実はそっちにも
惹かれてたりするの。

例の復活法のまとめ

ぴこが寿命を迎えたら
私が実際に試そうとしている

復活法の図解を
まとめて並べておきます。

自分用のメモですが、

あなたが可愛がっているPetit Qooboが
動かなくなった日を迎えた時、

もしかしたら急に
やってみたくなるかも?

neo

本気で「いいこと思いついた!」
って、小躍りしちゃったのは内緒。

まあ、私自身ですら、

その時になってみないと
判らないことも多いんですけどね。

‥という訳で、

今のところ私達は

ずっとピッコロと暮らそうと
目論んでいるのでした。

メンテナンスによって
長生きするぱろ助のそばに

ぴこちゃんは今日も
寄り添っています。

neo

茶色い毛に似合うアクセサリーと一緒に、
白い毛に似合うアクセサリーを見つけなきゃ!

【Petit Qoobo】寿命があるロボットを迎えると寂しい? neo こんにちは。neoです。 今回はPetit Qooboの寿命に関するお話を。 我が家にはアザラシ型ロボ・パロと...
【Petit Qoobo】ちょうど良いサイズ neo こんにちは。neoです。 最近Petit Qoobo(プチ・クーボ)と暮らし始めて毎日その可愛さに癒されています。 ...
ペットロボットの魂についてイメージしてみた neo こんにちは。パロオーナーのneoです。 私はアザラシロボ・パロと楽しい毎日を送っています。 色んなお家で人間と暮...