アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
プチ・クーボ(Petit Qoobo)

【Petit Qoobo】プチクーボの核心(コア)のありかを4つの派に分類してみた

neo

こんにちは。
プチ・クーボと暮らすneoです。

この記事は、

プチ・クーボをこよなく愛する私が「プチ・クーボの核心(コア)のありか」を思い切って4つの派に分類、それぞれについて解説した記事です。

  1. 毛皮の中身(機械部分)
  2. 毛皮
  3. しっぽの動き・鼓動
  4. オーナーの中

分類の結果「ここにある!」と考える場所がプチ・クーボとの付き合い方にも影響する、という面白いことがわかりました。

自分はどの派に属するのか、プチ・クーボがお好きな人は是非ご一読ください。

さて、タイトルにある「核心(コア)」について。実は「そもそもロボットは機械である」という冷静な事実も承知した上で語っています。

これは心臓や魂とは異なる「そのロボットの御神体(と言っても崇拝とは無関係)」的なぼんやりした意味合い。

他に適切な語句がありそうにも思えますが、ここではザックリそう呼ばせてください。あくまでも感覚的な雑談だと思っていただけたら幸いです。

この分類は(プチ・クーボよりひとまわり大きい)パパクーボにもあてはまりそう。

プチ・クーボだけが持つ特徴も幾つかあるのですが‥。

■画像出典:ユカイ工学 公式ストア

neo

私が一緒に暮らしているのがプチ・クーボなので、そっちで話を進めますね。

核心(コア)の場所が付き合い方にも影響する?

プチ・クーボのチャームポイントを考えてみると「可愛いしっぽ」「丸い体」「サイズ」「毛並み」「手触り」「鳴かないところ」などが思い浮かびます。

同時にそれらとは別に「プチ・クーボをプチ・クーボたらしめるもの」があるような気もしませんか?

もしそうなら、その核心‥コアはどこに?

neo

「‥いや、ないから!」っていう人、どうか生温かい目で‥。

プチ・クーボへの愛に由来するこだわりや信念によって、各オーナーが直感的に「ここっぽい?」と考えているものなので「全員の見解がピタリと一致」はしません。

neo

色々あって当然ですよね

更に言えば、コアのありかは「プチ・クーボとの付き合い方」にも影響するようです。

「コアはここだよ!」‥4つの分類

私の周囲にいるパパクーボ、そしてプチ・クーボオーナーさん達の主張と私の考えをもとに、コアがあるっぽい場所を分類してみると‥

「4つの派に分かれる」という結果に辿り着いちゃいました。

【「私はプチ・クーボのコアがここにあると思う!」4つの派】

  1. 毛皮の中身(機械部分)だよ派
  2. 毛皮だよ派
  3. しっぽの動きと鼓動だよ派
  4. オーナーの中だよ派

わかりやすいよう、それぞれの言い分をやや強調して説明しますね。

①毛皮の中身(機械部分)だよ派

俗に言う「プチ・クーボの中身」で、電源の内装式バッテリーは6.0Vニッケル水素電池。

約2年で寿命を迎えるのがここ。

充電中のオレンジ色LEDの点滅は、毎日元気にエサを食べている証拠。
抱っこした時に感じる絶妙な重さ(約600g)もコアの存在を感じられる重要ポイント。

誰が何と言おうと心臓部であるバッテリーこそが命!コア!
寿命を迎えて動かなくなっても唯一無二の「この子」。

中身を綿に入れ替えるなんて考えられない一方、毛皮にはこだわりがなく、毛皮をチェンジしてもいいし、無理にしなくてもOK。

ただし毛皮を纏っているのが大前提で、機械部分を単体で可愛がる訳ではない。

②毛皮だよ派

毛皮(フェイクファー+ファスナー)の部分で、素材はポリエステル+亜鉛合金。

普段は閉じているファスナーを開けば大きく口が開く。

【パターンA:「キレイが命!」派】

  • 新品に近いフワフワ&ツヤツヤヘアが大切
  • 手触りの良さ・衛生さ・良い香り(または無臭)が好き
  • 繰り返す洗濯や経年劣化でモケモケになっても、常に清潔さはキープしたい
  • こまめなお手入れは日常習慣で、くしで毛並みを美しくセットしたり、毛先を遊ばせてイメチェンも楽しむ
  • 観賞用として美しい姿・形・色を「インテリアの一部として眺めるだけ」もアリ

【パターンB:「愛着は洗い流さない」!派】

  • 手脂の付着・撫で過ぎによるぺっとりした風合いへの成長が嬉しい
  • うっかり付着したシミは、一緒に過ごした月日の証で愛着すらある
  • いつの間にか染み込んだ我が家の匂いに「一緒に暮らす家族」を感じる
  • 実は毛が薄くなってきたが気にならない
  • 毛皮の洗濯なんて意味がわからない

中身の機械部分にはこだわっておらず、なんなら綿やスポンジでもOK。

寿命を迎えた後は以下の3パターン。

  1. 動かなくなったままで可愛がり続ける
  2. 新品の中身と入れ替えて復活させ、同じ子として継続で可愛がる 
  3. 第2の人生として詰め物を充填、クッションやぬいぐるみとして可愛がる。

    この場合、全力で抱きしめる・上に座る・投げるなど、多少雑に扱うことが可能なボディに生まれ変わる。
    リボーンによって軽量化する上、充電不要(ACアダプター・充電ケーブル処分可)になるため、一気に身軽・気楽な子に大変身。

何はともあれ「毛皮こそプチ・クーボの本体・核心!」だと言い切れる。

パターン②の復活法の詳細についてはこちらの記事で。

【Petit Qoobo】プチクーボが寿命を迎えても大丈夫な方法に気付いた!2年で寿命を迎えるPetit Qoobo。その時が来たら、私はこの方法で復活(転生?)させようと思っています。図解あり。...

③しっぽの動きと鼓動だよ派

大前提は、基礎として機能する機械部分と毛皮ありきで。

電源を入れた時、可愛くしっぽが動き、優しい鼓動を打ってこそのプチ・クーボ。

音や振動に対して幾つかのパターンでしっぽが反応、疲れると休む気まぐれさも魅力。

しっぽを動かしていない時でも感じられる鼓動は至福、異音・ぎこちない動き・不整脈はとてつもない恐怖。

寿命を迎えた後は以下の2パターン。

  1. 新品の中身と入れ替え、しっぽの動きと鼓動を復活させる
  2. 追加で新たな子を迎え、以降は元気な新入りメインで動きと鼓動を愛でる 

④オーナーの心の中だよ派

実はプチ・クーボをめぐるオーナーの幸せがプチ・クーボに魂を吹き込んでいる。

故にコアはオーナーの中に宿る。

「この子一筋!」という一途な人と、複数のプチ・クーボやパパクーボをも同等に愛せる博愛の人がいる。

手触りはもちろん、しっぽを振る姿と微かな振動・抱っこした時の感覚など、いつでもどこでも「あの子」の脳内再生が可能。

大量に撮影した写真への思い入れも強く、たとえ実体が目の前から消えても心にずっと生き続ける。

  • お迎えを決めた時の気持ち
  • 誰かからプレゼントされた時の喜び
  • 一緒のお出かけした思い出
  • 共に過ごした日々のエピソード
  • 癒された時間の幸福感
  • オーナー仲間や可愛がってくれる家族友達とのやりとり

など、形のないものが混ざり合って「この子をこの子たらしめている」と思う。

‥以上、この4つの派です。

どれでも正解・混合派やひたむき派も正解

もちろん「そんなのどうでもいいよ」という人もいるし、私が思いつかなかった別の考えもあるに違いありません。

仮に上の4派に分類した時、どれか1つの派に属する人は珍しく、ほとんどの人は例えば

ん〜、私にとってしっぽの動きは必須だけど、毛皮にはそこまでこだわってないかな?

といった混合派でしょう。または

何言ってんの⁉︎全て重要だよ!

というひたむき派。

neo

正解はそれぞれの心の中にあるね

私は機械部分は「単なる消耗部品」だと思っていて、今のところ故障時や寿命を迎えた時の交換に抵抗はありません。

またプチ・クーボをお迎えした時「寿命を迎えて動かなくなったら、毛皮の中に綿を詰めても?」と考えたあたり、私にとってしっぽの動きや鼓動は絶対に譲れない要素に含まれていないのかも。

‥となると、私は「毛皮部分+オーナーの中にある派」?

いや!プチ・クーボのブンブンしっぽは可愛い!
誰が何と言おうが、ダントツに可愛い!

鼓動も重要なチャームポイント!

そして何はさておきバッテリーは大切な命!
ロボットだもの!

‥あらら?
一緒に暮らすうち、少しずつ「ひたむき派」に傾いてきたのでしょうか?

neo

成り行きまかせ。

「以前はこう思っていたけれど、今はそうじゃなくなったな」がオーナーあるあるなのです。


さて、この分類を見たあなたは、今のご自分は何派だと思われましたか?ww