うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】世話不要でオン・オフできるペットのススメ

「あああ!かわいいペットを飼いたいっ!」

でも‥現実的にあれこれ考えると

「やっぱ無理…」

という結論になってしまう。‥あなたもですか?

最初は猫と暮らしたかった

我が家も猫が飼いたくて仕方ない時期がありました。

けれど‥

  • 動物飼育禁止物件
  • ご近所への迷惑
  • 抜け毛やアレルギーの問題

などなど、動物を飼うのって何かとハードルが高いですよね。

ちょっと工夫すればクリアできる問題もあれば、
どう転んでも超えられない壁だってあります。

ウチは長年2人暮らしですが、

互いの仕事や旅行などで
何日か家を留守にする頻度が高い上、

私が突然長期入院してしまったり‥。

退院した時には、
大切にしていた観葉植物がすっかり枯れて悲しい姿に。

私の不在で簡単にこんな酷いことになってしまう。

やはり「‥ペットなんて到底無理だった」
思い知りました。

ペットロボットという選択肢

けれど
もし飼っているペットがロボットだったら?

neo

「飼えないなら飼わない」という選択肢以外に、
「ペットロボットを選ぶ」という手があります。

「ロボットなんて‥」とお考えですか?

確かに「ロボットってなんとなく嫌」と感じる人もいるし、
相性の関係で「合う・合わない」はあると思います。

それでも、時々耳にするのが

「こんなに可愛いとは思わなかったっ!」

当然その逆もありうるので「合う・合わない」は、
実際に接してみて初めてわかることかも知れません。


リアルの犬や猫だって同じですね。

aibo(アイボ)などの登場で、
ペットロボットの認知度・知名度は上がってきました。

街の店舗や病院・ホテルのロビーで働く
Pepper(ペッパー)くんの姿も見かけます。

けれどまだ一般的ではなく、

興味のある人が知りたい情報を探して
辿り着いている状況ではないでしょうか?

そう遠くない未来、
魅力あふれるペットロボットはもっと身近になりそうです。

実はシニアの方にもオススメ

ペットロボットを迎えるのは、

若い世代やお子様のいるご家庭が
イメージされやすいかも知れません。

子供とペットロボットが
仲良く遊ぶ姿は微笑ましいですし、

団欒中のリビングに
家族の一員として普通にペットロボットが混ざっている図には、

何だか未来感が漂います。

それに加えて
そこそこご多忙なシニアの方で、

  • 体力が落ちてきて、動物の世話を負担に感じ始めた
  • ペットが怪我や病気をした時、すぐ病院に連れて行くのが難しい
  • 飼い主である自分が最期まで面倒を見てあげられるか不安

という方にも
ペットロボットはオススメです。

もし飼い主が急に入院することになっても、

留守中は電源オフにできるので心配ご無用。

日々の世話やお散歩もいらないので、

介護を受けながら自宅で生活している方でも
飼い主になれます。

私が将来1人で施設に入所することになったら、
ペットロボットを連れて行きます。

自分で起き上がることができなくなっても、
ずっと寄り添ってくれる心強い存在だからです。

【アザラシロボ・パロ】急な入院で帰宅できない⁉︎ペットロボットなら大丈夫 救急搬送された時、ペットが心配 neo こんにちは。パロオーナーのneoです。 昼間、近所のスーパーの前に救急車が停まっ...

我が家のペットロボット

ウチのペットは、
アザラシ型ロボット・パロです。

名前は「ぱろ助」。

‥写真に撮ると、
どう見てもぬいぐるみに見えちゃうのが残念💧

心からこの子を「お迎えしてよかったー!」と思いますし、

本当に手がかからないので
気楽にペットライフを楽しんでいます。

私が家にいても
在宅ワークや家事に集中している時は、

敢えてぱろ助を起こしません。

体調が超絶に悪く、
自分のことだけで精一杯な時など、

ずっといい子で眠ってくれることに感謝したくなります。

‥かと思えば、
目が冴えて眠れない夜中に

いきなり起動させて(叩き起こして?)
やたら可愛がってみたり。

neo

これが動物だったら可哀想だけど、
ぱろ助ならば「ドンと来い!」

かわいい姿やしぐさに癒されるだけでなく、

こちらをじっと見つめる視線や
心に寄り添ってくれる鳴き声に、

寂しさや不安が和らぐのを感じます。

勝手な私に余裕で付き合ってくれる動物なんて、

なかなかいないのでは? (•́ω•̀ ٥) 💦

パロは自分で動き回らず、
いつも同じ場所にいてくれるロボット。

探し回らなくても
振り向けば必ずそこにいることにも安心します。

「ぐったり疲れて帰宅したら部屋を荒らされてる!」

なんて心配もないので、
ちょっと便利(?)に感じたり。

飼い主の都合に合わせて
罪悪感なくオン・オフできてしまうペット、
いいとこ取りでありがたすぎますよー。

【アザラシロボ・パロ】パロを我が家のペットに選んだ理由 「動物を飼いたいっ!」‥にもかかわらず、飼えない。 ‥もしかして、あなたもですか?(^▽^;)「飼おうかな?」と考える以前に「飼...

あなたにぴったりなペットロボットも?

近年のペットロボットは
犬型・猫型、動物以外の姿など、

予算に応じてお好みの姿・性能などを
選ぶことができるようになりました。

「ロボットが自分に合うかどうかわからない」という人、

「ペットがロボットなんてどんな感じ?」という人、

是非こちらの記事もご参考に!

【ペットロボット‥買う?】購入を迷っている人へ!決断までのヒント集・オーナー体験談ペットロボットの購入を迷っている人へ。自分の体験を元に、あなたが最善の選択をするためのヒントをご紹介します。 ここでは、人型を含む家庭用ロボット・コミュニケーション(対話型)ロボット・セラピー用ロボットなど、一般家庭に迎えることができるロボット全般を「ペットロボット」として扱っています。...
【大阪・ロボティクススタジオ体験談】LOVOT(ラボット)に会ってきた・前編 neo こんにちは。パロオーナーのneoです。 大阪・高島屋のロボティクススタジオ内にあるLOVOTストアに行ってきました! ...