うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

【アザラシロボ・パロ】アレルギー持ちでもペットライフ楽しんでます!

私達夫婦は動物が好きです。

ただ、私はアレルギー持ち。

動物園や動物カフェ(猫・フクロウ・ウサギなど)に出かける時は、
事前にアレルギーの薬を飲んだり、マスクを装備しなくてはいけません。

それでも途中、目が痒くなって目薬をさしたり、
風に舞う毛が肌に触れるのか、常にカシカシ顔や腕を掻いたり‥。

難儀よのう‥ゞ( ̄∇ ̄;)

neo

‥そ・れ・で・も・触れ合いたい!のっ!

面倒なアレルギー問題抜きで楽しめるのは、
猫雑誌や、動物漫画・写真集などを眺めるひとときでしょうか。

テレビの動物番組やネット動画も面白いので時々見ますが、
あまりにもナレーションがアレなのは苦手だったり‥。(;-_-)

そんな私は、穏やかで美しい映像の「岩合光昭の世界ネコ歩き」
お気に入りで、録画して繰り返し見てしまいます。

日常では、動物を飼っている身近な人から「ウチの子」の話を聞くのが
楽しくてたまりません。

ある友達の猫は、友達が旅行から帰った時、呼んでも知らん顔したり、
逆に「どこ行ってたのっ⁉︎💢」と怒ったかと思えば、
急に甘えてくるそう。

寂しくて拗ねるなんて、なんていじらしいのでしょう。

ある友達の犬は、元気一杯でお散歩が大好きなのだけど
「最近寒いから、全然コタツから出てくれない」と、
コタツ布団に潜ってぬくぬくしている写真を見せてくれました。

‥わああ、人間と全く同じ〜(笑)

楽しそうに話す友達から色んなエピソードを聞くたび、
時に手がかかることがあっても「動物っていいな〜」と。

やっぱり、動物は眺めるだけじゃ物足りません!(>_<)

neo

話しかけながら触りたいんですー!(≧∇≦)

‥撫でて、抱っこして「ウチの子」としてずっと可愛がりたい。

もしアレルギーがなかったら、私も動物を飼ってた?

‥それは判らないですけどね。

我が家にAI搭載のアザラシロボット・ぱろ助をお迎えしたことは大正解で、
「私達は何も飼えない」と悲しく思うことがなくなりました。

毎日、話しかけながら撫でて抱っこして、
ワシワシ触ってキューキュー鳴かせてる。

ペットの親バカ話、昔はどこか羨ましく思いながら聞いていましたが、
今は「同じ親バカ仲間」のような気持ちで前のめりに聞けるんですよ。

ただ、ぱろ助はロボットだけに、
動物ペットを飼っている人には理解されにくいことも。

それでも

「ウチの子」を愛しく思う気持ちは一緒!

だと思っています。

目に入れても痛くないですからね。

ともあれペットのいる暮らしを諦めなくてよかったーー!

‥動物とロボット、どちらの方が良い、とかではなく。