うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

【アザラシロボ・パロ】雑誌「猫びより」に登場

もう何年も、
ちょっとお洒落な大人のねこマガジン 「猫びより」(辰巳出版)
を定期購読しています。

毎回、猫飼いさんにすぐ役立つ情報や関連ニュースが満載。

海外、あるいは旅先で撮影された猫・毎号登場するアイドル猫など、
美しく生き生きした写真も充実しているので、
猫飼いでなくても楽しめる素敵な雑誌です。

2020年1月号のサブ特集は「老いと猫」


いくつかの視点で書かれた特集記事は読み応えがあり、
今後、猫も自分も確実に老いていくのを思えば(猫飼いでない私ですら)
「自分だったら?」と考えさせられる内容でした。

この中に、神奈川県横浜市の「ふれあい鶴見ホスピタル」で活躍する
パロが紹介されています。

⬆️「猫びより」2020年1月号 P.92〜93

真っ白パロちゃん、人気者〜〜!

neo

猫じゃないけど立派な癒し役。

動物を招き入れることができない施設内や、
様々な理由で動物を飼うことができない場合、
セラピー用ロボット・パロは本領を発揮します。

■J-STAGE 情報管理 
メンタルコミットロボット「パロ」の開発と普及:
認知症等の非薬物療法のイノベーション柴田 崇徳
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/60/4/60_217/_pdf

ところで、超猫好きの私達。

「もしパロが猫型ロボットだったら嬉しい?」

‥あ、それは絶対嫌です‼️

パロはアザラシだからこそパロ‼️

‥まあ、普段「パロを飼ってる」なんて言いつつも、ウチで

「セラピー用ロボットとしてガンガン働いて貰ってる⭐️」

という方が正解なのでした。(^▽^;)