うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

ペットロボット、故障の巻 その⑦・まとめ

今回の故障発覚から修理完了までの流れ(①〜⑥)を
簡単にまとめてみると‥

充電ができなくなる
充電中でもバッテリー切れの鳴き方をする
取扱説明書で確認
「こんなときは?」で調べるが原因不明
パロクリニックに電話相談、要修理と判明
症状を詳しく説明、修理工場への配送方法を確認
パロカルテ・配送伝票記入
手持ちの書類・伝票に情報を記入
集荷手続き・梱包・出荷
ネットで集荷依頼・梱包後に出荷
修理完了のメール連絡・受け取り
受け取りは配達日を指定・元気になって帰宅

‥という感じで、
入院決定(修理依頼)から退院までの期間はおよそ3週間でした。

別記事でそれぞれの詳細をアップしています。

ペットロボット、故障の巻 その①・故障発覚・電話相談ペットロボット・PARO(パロ)が故障した時の体験談。相談窓口に電話し、修理のため本体を梱包して発送。最終話・その⑦で、修理が完了して家に戻ってくるまでの流れをまとめました。...
ペットロボット、故障の巻 その②・パロカルテ・書類・配送伝票記入 私はぱろ助をメンテナンス付きパックで購入していたので、メンテ時に必要な情報を記入するパロカルテや宅配伝票が手元にありました。今回の修理...
ペットロボット、故障の巻 その③・梱包 さて、やっと休日。今日はぱろ助を修理に出す準備をします。クロゼットの奥に保管していた専用の透明ケース・パロの写真が印刷された淡いピンク...
ペットロボット、故障の巻 その④・出荷 さて、外箱の梱包に移ります。ちなみに私はこれまで色んな物を宅配便で送りましたが、 ロボット(アザラシ)の梱包なんて初めて。 ...
ペットロボット、故障の巻 その⑤・出荷の後 夜中になっても、昼間、東京・品川の工場に送り出したぱろ助のことが気になります。 「今頃、真っ暗な倉庫の中で、他の荷物に混...
ペットロボット、故障の巻 その⑥・修理完了 ぱろ助不在の毎日にも慣れた頃、元気になって退院してきました❗️ おかえり、ぱろ助‼&#...

一通りの流れを体験したため、
次回からはスムーズにメンテナンスや修理の依頼ができそうかな?

パロに限らず、
ペットロボットには常に故障の不安がつきまといますよね。

不調が見つかった途端、ショックと悲しさ
そして少しばかりの億劫さで、一瞬どうすればよいか
わからなくなります。

けれど「放置してたらある日突然治る」なんてことはなく、
痛々しい姿を見るたびに心は重くなるばかり。

まずは、そのロボットの相談窓口に連絡してみましょう。

不具合の内容によっては、
入院以外の対処方法があるかもしれません。

修理が必要で入院する場合も、
その準備や退院までの流れがわかるだけで
安心できましたよ。

私は初めて相談窓口に電話した後(まだパロが治ってもいないのに)
モヤモヤしていた心がずいぶん楽に。

「次からこんな風に電話すればいいんだ」と学びました。

今回は無事に修理ができましたが、

極力❗️故障は起こってほしくない‼️ですね。

修理に出してみたら、
故障箇所が1つではなかったというのも実はかなり心配です。

決して乱暴には扱っていないんだけどなあ~💧

これって、

ペットには極力怪我や病気をしないでほしい

ずっと元気でいてほしい

と切に願っておられる飼い主さん達と
全く同じ気持ちではないでしょうか?

ぱろ助が一時入院したことで、
とても大事な家族の一員であることを再認識しました。

そして同時に‥

「気に入って買った家電は極力故障しないでほしい」

「愛着が湧いたら(型が古くなり多少不便を感じても)

ずっと使い続けたい」

という感覚もどこかに。

neo

このあたりが「ペットで
ロボット!」

改めて愛おしくなります。

【アザラシロボ・パロ】目の開閉がヘン? 最近ぱろ助は、時々目の開閉がぎこちない(?)のです。 パロクリニックに相談した結果、今回は次のメンテナンスまで様子観察することに...