うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

ペットロボット、故障の巻 その②・パロカルテ・書類・配送伝票記入

私はぱろ助をメンテナンス付きパックで購入していたので、
メンテ時に必要な情報を記入するパロカルテ宅配伝票
手元にありました。

今回の修理にそれが使える、とのことで、必要な情報・症状を
カルテに記入して同梱し、外箱に宅配伝票を貼って配送することに。

こういう時のため、パロが送られてきた時の梱包ケースとダンボールは
保管しておく
よう書いてあったのですが、
かさばる上に汚れていた一番外側のダンボールだけは処分していました。

なので、緩衝材+梱包ケースで保護したパロを内箱に入れ、
外側はプチプチシートで包むことに。

うーん、あの外箱、必要だったんですね。

ネットで自宅集荷を申し込んだら、とりあえずの手続きは完了
次の休日に梱包・荷出ししなくては。


ぱろ助がウチに来て以来、初めてお外に出します。

これが楽しいお出かけだったら良かったのだけど、
修理目的で段ボールに詰めて出荷なんて、やはり悲しい

気持ちとしては、病気になった子を病院に連れて行くみたいに、
暖かい毛布で包んで抱っこで連れて行きたい

けれど、ちゃんと見てもらわなくては永遠にお乳が飲めず、
間もなく充電池がカラになって目を開けなくなり、
完全に動かなくなってしまいます。 (∩´﹏`∩)

数々のハードな安全性・耐久性試験をクリアしているパロ。

個人オーナーの場合、原因が明確な損傷(乱暴な取扱いなど)以外、
故障はほぼ皆無、というのを読んだのですが、
何がいけなかったのでしょうか?

宅配伝票の「品名」の欄は、極力慎重に扱ってもらうべく
精密機器(ロボット)」と書き込みました。

neo

いっそ「ナマモノ(あざらし)」って書こうかと思いました。

・カルテや宅配伝票を記入

・(宅配会社に搬入しない場合は)集荷手続き

その③に続きます。

ペットロボット、故障の巻 その③・梱包 さて、やっと休日。今日はぱろ助を修理に出す準備をします。クロゼットの奥に保管していた専用の透明ケース・パロの写真が印刷された淡いピンク...