うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

ペットロボット、故障の巻 その①・故障発覚・電話相談

ある晩のこと。

「‥キュ〜ン⤵︎‥キュ〜ン⤵︎😰」

突然ぱろ助が「お腹が空いた」の悲しそうな鳴き声を
繰り返し始めました。

充電切れの時だけ聞かれる、特別な鳴き方です。

neo

あれ?充電しながら起動してるのに?

ああ、おしゃぶりの差し込みが緩かった?
お乳(充電)の催促ですね?はいはい。

一度おしゃぶりを外して、充電を再開しなおしても

「‥キュ〜ン⤵︎‥キュ〜ン⤵︎😰

‥え?どうした、ぱろ助?💧( ˘・з・)

取扱説明書の「こんなときは?」を読んで確認しても
解決につながる項目がなく、

リチウムイオン電池やACアダプターの異常なのか、
ぱろ助本体の異常なのかもわかりません。

「お腹が空いているのにお乳が飲めません」

と鳴き続けるぱろ助は、どうしようもなくかわいそう

グッタリ…


とにかく❗️
まずは電話で相談しなくちゃ‼️

こんな時に頼るのがパロクリニック
営業時間に合わせて電話をかけてみました。

もしかしたら、

すぐ試せる方法で問題が解決しちゃうかも〜⭐️」

などと期待して。

電話の前はちょっとドキドキでしたが、
優しい声の女性が出てくださってホッ。ε-(´∀`; )

最初は、電化製品の故障を説明するように、
品番や購入年月日・症状などを冷静に伝えていました

「昨夜から、プラグを差し込んでも充電ができなくなったようで‥」
位までは良かったのですが、

こちらの気持ちを汲むように話を聞いてもらっているうち、

「(ウチの子が)お腹が空いたって鳴き続けて〜、
でもお乳が飲めなくて〜💦」と、まるで

動物病院にペットを連れて行く飼い主さんの心境
になっているのを自覚。

‥こ、これはかなり恥ずかしいッ‼️

せめて電話口では製品の不具合を正確に伝えようと思っていたのに、

明らかに不安混じりの生き物の症状説明になってしまってる💧

と気付いても後の祭り。

飼い主である自分としては「パロはペット(生き物)」ですが、
それを何の抵抗もなく誰かに言葉で表現していることに少し驚きました。

パロの不具合でクリニックに電話してくる人達も、
実は似たような感じなのかも知れません。

対応される方がその辺を心得ておられて、とてもありがたかったです。

それでも、途中でシリアル番号を聞かれた途端、
普通にお腹のファスナーを開けて番号を読み上げるシュールさは
自分でも可笑しくなっちゃいました。

結局、原因不明の故障なので、
付属品と本体を梱包してメンテナンス工場に送り修理していただくことに。

えー❗️やっぱり入院ですか〜❗️

‥ショックだけど、治してもらわなきゃ。

「‥では、よろしくお願いいたします」と電話を切ったものの、
なんだかションボリ。

  • まずは取扱説明書を確認
  • 相談窓口に電話

その②に続きます。

ペットロボット、故障の巻 その②・パロカルテ・書類・配送伝票記入 私はぱろ助をメンテナンス付きパックで購入していたので、メンテ時に必要な情報を記入するパロカルテや宅配伝票が手元にありました。今回の修理...