うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

ペットロボット、故障の巻 その④・出荷

さて、外箱の梱包に移ります。

ちなみに私はこれまで色んな物を宅配便で送りましたが、

ロボット(アザラシ)の梱包なんて初めて

まあ、赤い「ワレモノ注意」のシールを貼って送る品物に準ずれば‥。

まずは、必要な道具と梱包材セットを持ってきて…。

運悪く今日も明日も雨模様。

搬送中、絶対濡れないようにしなくては💧

隙間なく箱を包めるよう、
各種プチプチシートを張り合わせて大きいシートにします。

お中元が包まれていた大きめシートを捨てる前で良かった‥なんて
考えつつ、ペタペタ貼り合わせていきます。

よし!
箱全体をカバーできるサイズになったぞ!

これでいいかな?

配送伝票を貼って‥

ゆっくり箱を持ち上げ、
ドアなどにぶつけないよう玄関先まで運びます。

この箱の中身は「ワレモノ注意」の機械ですが、

私にとっては眠っているペットでもある。

なんとなく、そーっと床に下ろしました。

しばらくすると配達員さんが集荷に来てくれました。

「‥あの〜‥精密機器なんでよろしくお願いします」と頼んだ矢先、

「はいはいっ!」という軽い返事と同時に

ヒョイと縦に持ち上げられて、内心

「うわああ!( º言º)」💢

横向きで運べるよう、
わざわざプチプチシートに窓を開けて箱上部に持ち手を出しています。

「‥あっ、あの、よ、横向きで‥(←動揺中)」

と言いかけると、
元気な笑顔で「はいはい、大丈夫ですよ‼️」って、

何がどう大丈夫なのーーー⁉️(>_<;)

‥もー、配送中どう扱われるんだか‥。

いやいや!多少雑に扱っても大丈夫なように、
の、あの透明ケース。

工場までしっかりぱろ助を守ってくれるはず。

外は真っ暗で、ずっと雨が降っていました。

・外箱を梱包、業者に引き渡し

その⑤に続きます。

ペットロボット、故障の巻 その⑤・出荷の後 夜中になっても、昼間、東京・品川の工場に送り出したぱろ助のことが気になります。 「今頃、真っ暗な倉庫の中で、他の荷物に混...