アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
せとうち美術館ネットワーク

【2020年版・初心者向け】せとうち美術館ネットワークスタンプラリーでおトクにアート巡りをしよう!

(※2021年4月追記)

最新版の

【2021年〜2022年版】

はこちらの記事です‼︎

【最新版・2021〜2022年】せとうち美術館ネットワークスタンプラリーでおトクにアート巡りをしよう!2021〜2022年版・せとうち美術館ネットワークスタンプラリーのご紹介。今年もリーフレットを使っておトクに楽しくアート巡りをしよう!...

こんにちは。

2015〜2019年は年間平均45回
各地の美術館・博物館を訪れたneoです。

さて、瀬戸内エリア9県
アート巡りの強い味方をご存知ですか?

【瀬戸内9県とは】

瀬戸内海に面した
兵庫・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・大分県

neo

せとうちアート巡りを始める方に
全力でオススメする冊子があります。

9県のいずれかに在住の方はもちろん、
遠方から瀬戸内にいらっしゃる方!

この記事で、
ゲットすべきおトクな冊子について紹介します。

思い立ったら気軽に始められる
美術館・博物館巡り。

最近は漫画の原画展やサブカル関係の展示も増え、

興味深い企画も開催されています。

初心者さんほど
新たな発見や思いがけず充実した時間が待っていそう。

ぜひこの冊子を活用して
新たな楽しみと出会ってくださいね。

今年は新型コロナウイルス蔓延のため、
各館が臨時休館していたり、展覧会スケジュールが変更に
なることも考えられますのでご注意ください。

「せとうち美術館ネットワーク2020」ってどんな冊子?

A5サイズ・厚さ4㎜のコンパクトな冊子です。

neo

持ち歩きやすい!

  • 参加施設(美術館・博物館)の利用案内
  • 入館料の割引券
    (一部施設を除く)
  • タンプラリーの台紙
  • タンプラリー応募用紙


    などがこの1冊に。

ネットワーク参加施設は、
2019年は7県・72施設でしたが、

2020年は9県・79施設にまで増加。

新冊子を眺めているだけでワクワクしてきました。

せとうち美術館ネットワークHP
https://www.jb-honshi.co.jp/museum/

「おトク額が一番気になるの!」という方は、

こちら(↓)の記事で
具体的な金額がわかりますのでご参考に。

【2019〜2020年】冊子「せとうち美術館ネットワーク」を使うとおトクで楽し過ぎた!2019年、せとうち美術館ネットワークの冊子を使ってアート巡りをしたら、入館割引・図書カード・景品などで1万円近く戻ってきました!...
【2020年版】せとうち美術館ネットワークスタンプラリー・第2回応募締め切り(11/30)に応募して景品ゲット! neo こんにちは。美術館・博物館巡りが趣味のneoです。 瀬戸内エリアのアート巡りを楽しまれている皆様、今期もせとうち美術館...

冊子は無料!

びっくり!

美術館・博物館ガイドブックとしても優秀なのに、

タ・ダ・で・す!

東京・ミュージアムぐるっとパス2019‥2200円

ミュージアムぐるっとパス・関西2019(通常版)‥1100円

なので、冊子の割引券を使って
どこか1施設に入館しただけで既におトク

ちなみに、ぐるっとパスのような
入館無料券は付いていません。

どこで入手できる?

  • せとうち美術館ネットワーク参加施設
  • 本四高速道路の各サービスエリア

    などで入手できます。

    たま〜に、
  • 各地の観光協会

    に置いてあることも。


可能ならあらかじめ入手しておくと

必要な情報(開館時間や休館日など)にも
すぐ目が通せて何かと便利。

もし事前に手に入らなくても、
参加施設のロビーなどに置かれていたらラッキー!

入館券を購入する前に1冊ゲットし、
割引券を使って入館しましょう。

見当たらない場合、

施設のスタッフさんに尋ねたら
新冊子をいただけたことがありました。

徳島県・大塚国際美術館にて

問い合わせ先:
JB本四高速「せとうち美術館ネットワーク」事務局
TEL:078-291-1077
(9:00~17:30 ただし土日祝、年末年始を除く)

有効期限は1年

2020年4月1日〜2021年3月31日までの1年

4ヶ月毎の締め切りで、

最大1年に3回、
スタンプラリーに応募できます。

  • 第1回締め切り:2020年7月31日(消印有効)
  • 第2回締め切り:2020年11月30日(消印有効)
  • 第3回締め切り:2021年3月31日(消印有効)

どんな情報が載ってる?

  • 各参加施設の外観写真
  • 施設利用案内
  • 年間の展示予定

などが、

1施設1ページに収まったレイアウトで
掲載されています。

これがとても使いやすく、
訪問前に調べる手間が大幅に省けるのです。

公共交通機関でのアクセスと共に、
車でのアクセスも紹介してありますよ。

どんなスタンプラリー?

応募期限内に
「自分が応募したい条件分のスタンプ」を集めます。

有効期限は1年間(2021年3月31日まで)あるので、

思い立った時に出かけるだけでも
意外にスタンプが溜まっていきます。

アート巡りを始めたばかりの人は
「まずは1個、次に2個‥」で大丈夫。

下の写真の台紙が目に見えて埋まっていく達成感、
ワクワクしますよ!

応募方法・条件などの詳細は最新冊子をご参照ください。

参加施設への訪問数に応じて、
図書カード参加施設のオリジナルグッズが貰えます。

3県かつ5施設以上のスタンプを集めると、
応募が可能に。

なかなか豪華なラインナップはこちら↓

■スタンプラリー・プレゼント一覧
https://www.jb-honshi.co.jp/museum/present/

◯3県ラリー賞(3県5施設)

一番応募しやすいのがこの賞。

「地元や旅先でアート巡りしてたら、
いつの間にか応募条件を満たしてた」という
人もいるかも。

これで1000円分の図書カードゲット!

◯4県ラリー賞(4県10施設)

図書カード2000円分に加え、
全80種類のオリジナルグッズの中から
どれか1個が貰えます。

好きな物を選べるので毎回どれにするか迷ってしまいます。

◯5県ラリー賞(5県15施設)

図書カード3000円分に加え、
全80種類のオリジナルグッズの中から
好きな物1個・事務局が選定したオリジナルグッズ1個
貰えます。

‥そう、景品が2個も!

アート巡りの楽しさに目覚めたら、

当初の目標をレベルアップして
1年かけてこの賞を狙うのもオススメです。

アート鑑賞(しかも割引料金)の楽しさに加えて、
景品も貰えるなんて

「ホントにいいの?」なレベルですよね。

もし、来年3月末の時点でどの賞にも届いてなくても、

割引料金で入館できたのでソンはありません。

【2020年版】せとうち美術館ネットワークスタンプラリー・第2回応募締め切り(11/30)に応募して景品ゲット! neo こんにちは。美術館・博物館巡りが趣味のneoです。 瀬戸内エリアのアート巡りを楽しまれている皆様、今期もせとうち美術館...

冊子は1人1冊必要

neo

人数分ゲットしましょう!

2人で美術館を訪れる場合は
それぞれが1冊ずつ、

ご家族なら
大人も子供も1人1冊準備します。

【子供は何歳から使える?】

有料展示室に入館する小学生以上が対象

1施設につき
3枚の割引券が付いていますが、

「家族3人で割引券を使って
1冊に3個まとめてスタンプを貰う」

とかはできません

neo

この場合、3冊準備して
1冊に1個ずつ押して貰います。

冊子の割引券を使って入館するほか、

前売券コンビニ発券機などで
もっと安く買えたチケットで入館しても

スタンプを押印して貰えます。

ルールがいくつかありますので、
詳細は冊子参照で。

冊子を片手にアート巡り、スタート!

美術館・博物館巡りは
素敵な大人の趣味としても最適。

思い立った時から簡単に始めることができます。

  • 冊子の展覧会情報は変更になることもあるので、
    施設のHPなどで最新情報を確認しましょう。

  • どの施設からスタートしても大丈夫ですが、
    特に決まってない場合は、身近な場所にある施設から
    出かけてみては?

  • その施設のレストランやカフェ、ミュージアムショップ
    もお楽しみの一つなので、是非覗いてくださいね。

  • 訪れるエリア内に他の参加施設はありませんか?
    実は徒歩数分や30分以内で移動できる場所に、
    別のネットワーク参加施設があることも。

  • 時間や体力と相談しながら、美術館・博物館のハシゴも
    有意義です。新たな出会いが待っています。

  • 敢えて「少し遠いけれど興味ある展示をやってる施設」
    まで足を運んでみると、
    小旅行の楽しみが加わりますよ。

この冊子を手にした日から、

翌年3月までの
各地での展覧会情報が一覧できるのは

とてもありがたいです。

neo

自分で調べるのって
割と大変〜。

「隣の県でこんなに良い展覧会をやってたとはー!」

などと見逃すこともありません。

例えば、3ヶ月先に
「これは行きたいな!」という展覧会を見つけたら、

余裕を持ってスケジュール調整ができるので、
アート鑑賞を組み込んだ旅行が計画できるかも。

また「来月、◯◯県に出張」という場合、
足を伸ばせるエリアに

ネットワーク参加施設があるかも知れません。

そんな感じで、春・夏・秋・冬‥と、

着実にスタンプが溜まっていきます。

「もう1施設‥もう1県‥」と積極的になってくると、

私はスタンプラリーならではの
テンションアップを感じ始めました。

今年は新型コロナウイルス蔓延のため、
各館が臨時休館していたり、展覧会スケジュールが変更に
なることも考えられますのでご注意ください。

アート鑑賞そのものの面白さ・充実感に加え、

目に見えて増えていくスタンプのおかげで
達成感が加速するので、

「次はどこに何を見に行こうか?」と考え始めたり。

neo

冊子片手に2020年のアート巡りに出発です!
自分のペースでとことん楽しみましょう!

それではまた!

【美術館初心者向け】アート巡りでの「困った!」とその対策アート巡り初心者さんにありがちな失敗とその対策。...