うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
デジ絵に挑戦!

【デジ絵初心者】ペンタブに挑戦!④・レイヤーの使用〜データ保存

こんにちは。

独学でデジ絵を始めたシニア・neoです。

この記事は、

デジ絵の技術をサクサク解説するものではありません❗️

  • マイペースでデジ絵を習得する過程に興味がある
  • ユル〜い独学でもデジ絵を描けるようになれる?
  • 趣味の範囲で描けるようになればいいな

という人向けで、

効率良い習得・上達には、デジ絵の学校や教室に通うのが近道です。

さて、前回は無謀にも

線画に直接着色(←ダメなやつ)
して絵を仕上げましたが、

今回はレイヤーを使ってみます。

レイヤーについて勉強

今日はちゃんとハシケン先生の本と動画で

レイヤーのことを理解した上でお絵描きします。

ハシケン(橋本賢介)著

「自分の絵で人気ブログを作る100のメゾッド ブログ×絵×ブランディング」

発行:ソシム株式会社

■イラストを描く時のレイヤーの機能と使い方をプロがわかりやすく解説!

今日の1枚

まず、新規キャンバスを作成してラフを描く、と。

‥何を描こうかな。

では、いつもの自画像で。

デジタル世界から現実世界の自分に向かって
手を振っている絵にしました。

独学では自分で自分を励ますことが割と重要だったりします。

自給自足。

まだアイコンの種類・その操作が何を意味するかを覚えていないので、

ツールの切り替えすらおっかなびっくり。(; ・`д・´)

  • さっきまで使っていたGペンアイコンの場所に戻れない
  • 道具の選択も行き当たりばったり、太さの調節に迷う
  • ふとした拍子にキャンバス全体が消えて慌てる
  • 突然、絶賛使用中のパレットを消してしまう
  • パレットを復元すべく触っていると、お呼びでないタブが出て閉じない
  • 無意識にペンタブの先がパッドに当たり、余白に点や線が入る

‥など、初心者らしい「?」「??」はもうしばらく続きそうです。

そして、

  • 一旦ペンを置いて、再び描き始めたら全く描けなくなった⁉︎
    →手に取ったのが普通のボールペンだった
  • あれっ?今度は描いた軌跡が何も画面に出ないよ?
    →パソコンのトラックパッドの上でペンを動かしていた

絵のレベルがどうこう以前に、
ペンタブ慣れるまでは何かとアナログ絵のようにいかないだろうなあ。

でも、初めてなんだから今はコレでよし‼️

次はラフの上に線画を描きます。

左右反転機能があるのでデッサンの狂いを発見しやすいのですが、
凄いのは反転したまま直接修正できること。

超便利なんですけど〜っ❗️👁

‥いえ、紙に描いた絵だと、
「裏から透かして見る→表に返して修正する
を繰り返すので。

あと
「消しゴムのカスが出ない」みたいなささいなことがとても快適

デジタルならではの数ある便利機能の1つ1つに
元気付けられるような気持ちで先に進めます。

ラフを消して線画だけにしたらこんな感じになりました。

さあ、
いよいよレイヤーを使ってアニメ塗りしていきましょう。

新規レイヤーの足し方や順序の並べ替え・
レイヤーの名前の変更に手間取りながらも、

着色しはじめたらとても楽しい。

途中どこか変なところを触ったようで、
自動選択ツールが動かなくなってしまい、

レイヤーを増やすことで対処しました。(←きっと間違った方法)

自動選択ツールが動かない時は、いつの間にか
どこか別の場所を選択した形になっていることも。
選択を全解除すると、再度選択が可能になる。

「作画中はこまめな保存を」‥そうだった!
ここまで一度も保存せずに作業してました。

今はいちいちストレスなつまずきも、
ちょっとした作業忘れも、

多分「慣れるまで」のことでしょう。
だから、今はコレでヨシ!と進むしか…。

まだ「神は細部に宿る✨」とか言ってる
レベルじゃありません。

はい、完成しました❗️
‥早っ‼️

ラフの段階では単なる落書きだった絵が、

ずいぶん綺麗に見えてビックリ。

作成データの保存・書き出し

前回わからなかった作成データの保存・書き出しなども

本に沿ってやってみました。

保存・書き出しについては目的によってやり方が異なるので、
ここでは今回私がやった方法を。

  • 保存:「ファイル」>「保存」(拡張子は.clip)
  • 書き出し:書き出したい絵をキャンバスに開いた状態で
  1. 「ファイル」>「別名で保存」、形式を選ぶ、又は
  2. 「ファイル」>「画像を統合して書き出し」、形式を選ぶ
  3. JPEGかPNG形式で保存する

その結果、
この記事に作業経過の画像が貼れた次第です。



「‥じゃあ、前回の絵(←)を
どうやってブログに?」ですか?

えーっと、わかんなかったんでー、
画面のスクショを撮って切り貼りしましたー。(≧ω≦)

それを思えば、今日の「.jpeg形式で保存」
少し進歩です。

今日の作業を通じて、

  • 今の段階でも、覚えることが多すぎて既に混乱中
  • PowerPointなど、他のソフトでの画像の扱い方の感覚が抜けない
  • 簡単にできる操作でもどうやるのかわからず1つ1つ調べるので疲れる
  • 独学はかなり遠回りで非効率的な上、危険もいっぱい
  • 自分の気力を維持できるのか心配

  • デジ絵は早くて綺麗に仕上がる
  • 色選びが楽しい
  • 最初から最後まで道具が散らからず、手や机の上が汚れない
  • 慣れたら絵を描くのが楽しくなりそう
  • 勉強して考えながら描くと少しずつ上達しそう

大変ながらも、
デジ絵のメリットが相当大きいことを実感できたのでした。

けれど、教室に通える環境の方は、
是非そうされることをオススメします。

⑤に続きます。

【デジ絵初心者】ペンタブに挑戦!⑤・描いた絵と背景を合成 こんにちは。neoです。あっという間に私の「デジ絵に挑戦!」も5回目。紆余曲折、思ったように進んでませんが、マイペースでいきましょう。...