アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
デジ絵に挑戦!

【デジ絵初心者】ペンタブに挑戦!②・本とペンタブを購入

こんにちは。
独学でデジ絵に挑戦中のneoです。

この記事は、

  • シニアがマイペースでデジ絵を習得する過程に興味がある
  • ユル〜い独学でもデジ絵を描けるようになれるのか知りたい
  • 趣味の範囲で描けるようになればいいと思っている

という人向けで、
デジ絵の技術をサクサク解説するものではありません❗️

効率良い習得・上達には
デジ絵の学校や教室に通うのが近道です。

私は長年
デジ絵に手を出せませんでしたが、

やはり習得したくて
独学で挑戦してみることにしました。

今回は機材や参考書を揃えた話です。

  • デジ絵に必要な機材を揃える
  • 教えてくれる人がいない場合、自分に合った本を買う
  • 今の自分に必要なネット情報を参考にする

3種の神器

とりあえず、

デジ絵3種の神器
(パソコン・ペンタブ・ペイントソフト)

を揃えました。

①パソコン:MacBook Pro macOS Catalina10.15.4

②ペンタブ:Wacom Intuos Small CTL-4100WL

③ペイントソフト:クリップスタジオペイント プロ

①は数年前から使っているものです。

公式ガイドブックを購入

実際にペイントソフトを使う時、

手元で広げて
参考にできるような本が欲しかったので、

公式ガイドブックを買ってみました。

他にもクリップスタジオの本は
何種類かありましたが、

「公式」という単語に惹かれて。

以前ワコムのHPで、

ペンタブとこの本がセットになった
限定商品を扱っていましたが、

既に売り切れで本だけ買った次第です。

美しい表紙がとても好み。

パラパラめくると
高度な技術まで解説されています。

わあああ、眩しい。✨

‥こ、これはもしや
猫に小判(+ω+)な本かしら⁉️

私にこんなレベルの知識まで
必要とは思えませんが、

持っておくと役立つことがあるかも。

本の綺麗なイラストや
謎の加工過程を眺めているだけで

「何やら楽しい世界に
足を踏み入れようとしている感」

が湧いてきましたよ?

本を参考にペンタブを購入

そしてもう1冊の本がこちら。

ハシケン(橋本賢介)著

「自分の絵で人気ブログを作る100のメゾッド ブログ×絵×ブランディング」

発行:ソシム株式会社

自分で描いた絵を
ブログに使うことのメリットや、

デジ絵を描いてみたい人が
最低限学ぶべきことが
見開きページで解説されており、

豊富なイラスト併用で
要点をわかりやすくまとめてあります。

大型書店で立ち読みして即買いでした。


この本の
「デジ絵3種の神器」で紹介されていたペンタブ。

私が購入したのはWacom Intuos Smallです。

前回登場した
昔のペンタブの箱と比べると小さくて驚きますね。

‥にも関わらず、描画面積は同じくらい?

これだけ進化しています。

ペンタブもペイントソフトも

何を選べば良いか
全くわかりませんでしたが、本によると

  • 私のパソコンは13インチなので、おすすめペンタブサイズは「S」
  • お絵描きを楽しんだりブログで使うのならクリップスタジオ一択
  • ワコムのこのペンタブを買うと、クリップスタジオがついてくる

とのこと。

確かにペンタブを購入したら
ペイントソフトも同時に入手できました

これは願ったり叶ったり。

ハシケンさんの動画

著者のハシケンさんは、

ブログ・動画でも
デジ絵のノウハウを分かりやすく解説されています。

私もまだ見始めたばかりですが、

優しいお声のトークがわかりやすく、
すぐに真似して描いてみたくなる素敵な動画。

カラフルな画面を見ただけでも何だか心強く、
これから頑張れそうに思えました。

■コンテアニメ工房・
クリスタでデジタルイラストを描けるようになれる!
https://conte-anime.jp/

さあ、モノは揃いました。

仕事の休日に時間を見つけて
少しずつ勉強を進めましょう。

③に続きます。

【デジ絵初心者】ペンタブに挑戦!③・ペンタブ接続〜初めての1枚 こんにちは。パソコンの知識が怪しいくせにデジ絵に手を出したneoです。今回はペンタブ接続から、初めての1枚を描くまで。 この記...