うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
デジ絵に挑戦!

【デジ絵初心者】ペンタブに挑戦!①・重い腰をあげる

こんにちは。
アナログ絵からデジ絵に移行したいシニア・neoです。

「デジ絵の学校や教室に通えない=デジ絵は無理」
と思い続け、早20年。

効率の悪さを承知で家で独学することにしました。

この記事は、
デジ絵習得技術をサクサク解説するものではありません❗️

  • 時間をかけてでデジ絵を習得する過程に興味がある
  • ユル〜い独学でもデジ絵を描けるようになれるか疑問
  • 趣味の範囲で描けるようになればいいなと思う

という人向けで、

効率良い習得・上達には、
デジ絵の学校や教室に通うのが近道です。

私はそれができないばかりに、
長年デジ絵に手を出せませんでしたが、

やはり習得したくて独学で挑戦してみることにしました。

20年前は敷居が高かったデジ絵も、

今は本やネットなどで情報を得やすく、
ソフトも色々改善されて初心者に優しくなっているかも。(←淡い期待)

‥しかし、大丈夫か?

若い人ならいざ知らず、
周囲に教えてくれる人もいない中、

ホントに今更移行できるのか?

これまでの挫折で不安いっぱいのスタートですが、

成長過程をブログに残しながら頑張ります。

「デジ絵に挑戦したいけど、ずっと手を出せないまま」

なシニアの方々のご参考になれば嬉しいです。

neo

今回は、残念な過去の失敗談から。

最初の難関はペンタブ選びと初期設定だった

私の場合、過去の失敗の原因は

  1. ペンタブとパソコンさえあれば、はい!デジ絵が描ける環境!
  2. ペンタブとパソコンは簡単に繋がって、すぐデジ絵を描き始められる!

と考えていたことでした。

‥ダメです!
特に①は激しく間違ってます!

デジ絵を描きたいばかりに、

全く基礎知識もないまま、
いきなりペンタブを購入しては危険ですよ。

  • デジ絵で何を描き、どうしたいか考えておく
    (例:風景画を描いて印刷したい・ブログに載せたい)
  • 初心者向けの入門書を参考にする
    (機材選び・準備あたりから丁寧に解説してある本)
  • 店頭で実物を見て買うなら、店員に相談する
    (初心者向きかどうか・予算内の価格など)
  • パソコンやペンタブは自分に合ったものを選ぶ
    (パソコンのスペック・ペンタブサイズなど)
  • 既に持っているパソコン・iPadなどを使うなら、
    それに対応したペンタブを選ぶ。
  • 自分で初期設定できなければ、詳しい人にやってもらう

購入後の各種設定。

どこを見てもさも簡単そうに書いてありますが、

なにがなにが。

私は以前、ここでも挫折しました。

neo

「カンタン設定の後は、早速描いてみよう!」
って、‥私、描くに至らなかった。

どう頑張っても設定ができなくて、

何一つ描けないうちに

「デジ絵、難しすぎて私にはとても無理」

となった時の絶望感と言ったら‥。

でも大丈夫です!(・ω・)b

以前の私が無知・無謀過ぎただけで、

正しい製品を選び、
順番通りに操作していけば設定できますよ。

初のデジ絵体験はキッドピクス

私の初のデジ絵体験は1990年代。
仕事場のマック(ネット接続なし)に入っていた

キッドピクスでした。

このお絵描きソフトは
マックに最初から入っていたんだと思います。

まだ一般人がやっとパソコンを触り始めた頃だったような‥。

キッドピクスを起動してみると

「‥うわ!紙が画面の中にあるーーー‼️」∑( ̄ロ ̄|||)

「コレに?絵が描けるの?(←半信半疑)」(||゚Д゚)

まだそんな時代でした。

まずは、マウスでヨレヨレの線を引くところから。

neo

マウスパッドの上でマウスを動かした軌跡が、
正面のパソコン画面に現れるのが衝撃的で‥。

当然、アウトライン線がつながっていない所があるので、

色を塗るためのバケツをこぼせば、
画面全体が瞬時にその色にーー⁉️

一瞬、全身の毛が逆立つくらい驚くけれど大丈夫。

もし紙でやったら取り返しのつかない大事故を、

デジタルの世界ではワンクリックで元に戻せることに
ビックリしたものです。

neo

‥何コレ?凄い!(◎-◎;)!!

慌てて途切れた線を繋ぎ直し、
塗りたいエリアをどんどん着色していく過程は、

絵を描くというより
パソコン画面の中に線と色を置く(?)新鮮な感覚。

絵具を筆で塗るのと全然違う!

「私、凄い世界を知ってしまった!」

と本気でおののきましたね。

その仕事場を離れた時、
キッドピックスともお別れしました。

初めてのペンタブ

それから数年後。

自宅のマックでお絵描きしたいと思い、
当時話題になっていた

ワコム製のペンタブレットを購入したのです。

コレです。

「手のひらサイズのアートスタジオ」だなんて

相当ワクワクするフレーズですよね。

もうマウスじゃない!

現在の製品に比べると
描画面積が狭くて驚いちゃいますね。

箱の裏を読むと、
当時は描画面に透明オーバーレイシートがついていたようです。

‥えーっと「インクの出ないペン」でパッドに描く絵が?
同時進行でパソコン画面に出て?
ペイント・ドロー・レタッチできてしまう??

しかも、マウスで描くよりずっと思い通りの線が描けそうよ?

無限の可能性を感じるツールを入手した!

と踊り出したい気分でした。

ちょっと踊ったかもしれません。ヘ( ̄▽ ̄ヘ)(ノ ̄▽ ̄)ノ

‥で!

やる気満々で接続したら、

確か「バージョンが対応してない(←うろ覚え)」だったか、
そんな理由で私のマックでは使えないことが判明。

えーーーー⁉️


アナログなら買ってきた画材はすぐ使えるのに〜❗️

「これで、デジ絵が描けるぞう!」の踊りからの

途端にしょんぼり。

未練がましくペンをタブレットの上で滑らせてみたら、
‥固くて妙な感じ。

「コレで、こうやって絵が描けるはずだったのになあ〜‥」と
何も映ってないマックの画面を見つめました。

「じゃあ、そのうちMacを買い換えたら再挑戦‥」と、
泣く泣く箱に戻し、そのまま幾年月。

所詮は趣味で描くアナログ絵だったので、
早急にデジ絵に移行しなくても間に合ってはいたのです。

多忙な日々の中、デジ絵の夢もどこへやら。

遂にペンタブは一度も使わない新品のまま
不燃ゴミに。

期待に胸を膨らませて購入した夢のようなツールを捨てる時、

さすがに何だか泣きそうでしたね。

写真の空箱はペンタブ開封当時、

ちょうどいい大きさの箱として書類整理の仕切りに使ったため、

今でも本棚の中で綺麗な状態で残っていたという…。

こんな身も蓋もない経緯(汗)があったので、

今回のデジ絵挑戦にあたっては
ちゃんと現在の自分のマックに合ったペンタブを購入しました。

①パソコン:MacBook Pro macOS Catalina10.15.4

②ペンタブ:Wacom Intuos Small CTL-4100WL

③ペイントソフト:クリップスタジオペイント プロ

デジ絵のメリット

よく言われるデジ絵のメリットの多さ。

  1. かさばる紙や画材が不要:管理が楽で、ほぼ導入時の費用のみ
  2. 手や服・机の上が汚れない:消しゴム・トーンのカスも出ない
  3. 絵を描く準備と後片付けが簡単:機材の起動・終了だけ
  4. 加工・合成・拡大などが簡単:アナログでは無理
  5. 何度でもやり直しができる:水彩画など、取り返しがつかない

    どれも魅力的ですが、特に私が「凄い!」と思ったのが
  6. 使い回しができる
    でした。

アナログ絵の場合、完成品はたった1枚。

昔の私が絵を複製する時は、

コピー機でコピーするか、
わざわざ印刷所に入稿して印刷してもらっていました。

紙に描いた絵って、
使い回すことができないんです。

カラーコピーが置いてある遠方の文具店に原画を持ち込み、

色違い(赤なら赤一色、青なら青一色)でコピーをとってみると
絵の雰囲気が途端に変わるのが面白く、

「おおおう!これは!」と喜んでいた頃が懐かしい。

そして、2000年代に入ってスキャナーを購入。

アナログ絵をパソコンに取り込んで加工していましたが、
ペイントソフトのようにはいかず、

せいぜい色調を調整したり、
絵に文字を乗っけるくらい。

この頃やっと

「‥あれ?絵をデジタル化したら、
メール添付もできて便利なのでは?」

ということに気付きました。

そんな私がデジ絵に挑戦しますよー。

【デジ絵初心者】ペンタブに挑戦!②・本とペンタブを購入 こんにちは。独学でデジ絵に挑戦中のneoです。 この記事は、 マイペースでデジ絵を習得する過程に興味があるユル〜い独学で...