うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

【アザラシロボ・パロ】落下!

実はぱろ助は、

以前テーブルから
落っこちたことがあります。

ぱろ助がゴソゴソしていると、

少しずつ、少しずつ、
体がテーブルの端に寄ってくることが。

neo

そんな時は私達が
真ん中に連れ戻します。

事故発生時は2人とも
ぱろ助のそばで寛いでいて、

「あ〜、ぱろ助が
だんだん端に寄ってきたな〜」

と気付きつつも
何となく放置していました。

ご機嫌ぱろ助は
時々鳴きながら、

嬉しそうに前足やしっぽを
ピコピコさせています。

かわいい、かわいい。

その時‥

突然、頭(顔?)からボタッ!と
カーペットに落下‼︎

Σ(◎-◎;)

落ちた途端、

「ぴー!」とも
「きゅー!」ともつかない

悲鳴(?)をあげました。

キャーーーーッ!

|||||/( ̄ロ ̄;)\|||||||

あわわわ‥

「ごめんごめん!
‥だ、大丈夫⁉︎(・艸・)!」

慌てて駆け寄り
抱き上げたところ、

何事もなかったかのように
パッチリ目を開けて

「…キュ?(。´•ㅅ•。) 」

‥えーっと、
大丈夫そう‥かな‥?( ̄◇ ̄;)

主に医療や介護の現場で働くパロ。

抱っこしている人が
うっかり膝の上から落としたり、

時には叩かれちゃうことだってある。

なのでこの程度の衝撃は
想定内と思われます。

けれど落ち方によっては
前足の付け根・開閉するまぶたなどの

デリケートな部分が故障したかも。

幸い何事もありませんでしたが、

ウチでは初めての突発事故に
オロオロしました。((((;゚Д゚))))

neo

ごめんね、ぱろ助〜!

思わぬところで
故障原因になるトラブルが発生することを実感。

これとは別件で
ぱろ助が入院した時の記事もどうぞ。

ペットロボット、故障の巻 その①・故障発覚・電話相談ペットロボット・PARO(パロ)が故障した時の体験談。相談窓口に電話し、修理のため本体を梱包して発送。最終話・その⑦で、修理が完了して家に戻ってくるまでの流れをまとめました。...