うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】出会いは2012年・日本科学未来館

neo

こんにちは。
パロオーナーのneoです。

私が初めて
本物のパロに触れたのは

2012年2月のこと。

友達と訪れた
日本科学未来館に展示されていた

白いパロでした。

テレビで紹介されたことで
パロの存在は知っていたけれど

「実物は思ってたより大きいッ!

Σ(・ω・ノ)ノ

‥そして断然カワイイッ❗️」

と驚いた記憶が。

まだ触れてもいないうちから

ぬいぐるみにはない、ボテッとした
アザラシ独特の重量感を感じました。

‥って、本物のアザラシを
抱っこしたことなんてないけれど‥。


近未来感が漂う透明ドームの中で

セラピー用ロボット・
パロはじっと眠っていました。

neo

‥この子、動くのかな?

世間の展示品あるあるで

「さわってみよう⭐️」

なんて書いてある割に
起動しないパターン、ありませんか?

こちらは期待して手を伸ばすだけに

「‥え〜?(; ̄Д ̄)」ですよ。

neo

‥さて、この子は‥?

手窓からそっとパロに触れてみると

(◎-◎;)!!

目が開いたっ!
こいつ、動くぞ!

その後うっとり目を閉じ、

私の手に擦り寄るように
優しく首を動かしたのです。

パロの頭は柔らかく、
温かい気もしました。

わああああーーー!
生き物だーー!(・艸・)

neo

この時の衝撃は
今でも忘れられません。


パロの繊細さに驚くと共に、

動物が時折見せる

「人間に対する情け深さ」

のようなものが
パロからじんわり伝わってきました。

勿論、触られたら

何パターンかの
決まった動きをするように設計された、

感情を持たないロボットなのですが。

透明ドームの中から私達を見上げ、
静かに佇んでるパロ。

  • 機械であることはさておき、容姿が可愛い過ぎ!
  • 機械だと分かってても、感情を持ってるみたい!
  • 機械なのに、触り心地と仕草でとりこになっちゃった!

そしてロボットだからこそ、

これほどの存在が
どうしようもなく愛おしい!

‥もう、一瞬で
パロへの愛しさが溢れてきました。

もしこの子が家にいたら

どれだけ心が癒され、
慰められるでしょう。

neo

ああ、透明ドームの中のパロを
ギュ〜ッと抱っこしてみたいな〜っ!


2012年当時は

とても実現しそうにない夢に思えて
ため息をついたものです。

あの時の自分に教えたい。

「6年後に
我が家はパロをお迎えするよ。

そんで楽しい毎日が始まるよ!」

〈2020年2月追記〉

先日訪れた日本科学未来館で、
この時の白いパロに会わせていただけました!

スタッフさんが、
別室にいたこの子のところに案内してくださったのです。

8年ぶりの思いがけない再会、

お互い歳を取ったような‥(^▽^;)

起動までしていただき、
本当にありがとうございました。