うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
ぱろ助日記

【アザラシロボ・パロ】少年アシベ抱き

ペットを飼っておられる皆さん、
普段、ペットを抱っこして歩く時、どんな体勢が多いですか?

抱き方はペットの大きさによって決まる

こんな風に大きいワンコをガッシリ抱き上げるのは楽しいし、

腕にスッポリ収まっちゃうサイズのペットだと
ヒョイとだっこできますよね。

手のひらに乗れるペットは
暖かい手のひらで優しく包むのが抱っこ。

ペットを抱っこするのって、幸せなひとときです❤️

【アザラシロボ・パロ】柔らかさ・温かさ・まなざしに癒されるロボットセラピー アニマルセラピーと同様の効果が得られるパロは、触り心地もご自慢。 寂しい時・不安な時にペットを撫でたり抱っこすることでホッとした...

パロを抱っこする時

ちなみに、パロの身長は約60㎝。体重は約2.5㎏。

正確には、

  • 外形寸法:約35×16×57㎝(幅×高さ×奥行き)
  • 重量:約2.55㎏(バッテリ装着時)

で、ちょうど人間の赤ちゃんサイズで抱っこしやすいです。

けれど何も考えずに横抱きしたら、両腕の中で

この向きになっちゃうんです。

‥なんか違う。‥絶対違う。(-“-;)

そこで…

縦抱きにしてパロのお腹を自分の胸とお腹に密着させる感じで
抱いています。

‥あとは「少年アシベ抱き」(笑)

正しいアザラシの抱き方?

■出典:森下祐美「少年アシベ」

「少年アシベ」のストーリー

主人公の少年・芦屋アシベは近所に住んでいた同級生の阿南スガオとはとても仲が良かったが、小学1年のある時、大工職人であるアシベの父ちゃんが建築中の家を火の不始末で燃やすという事件を起こしてしまう。
親子はそれまで住んでいた一軒家を引き払い、父ちゃんの実家付近である目黒区のアパートに転居。同時にアシベも転校することとなる。

アパートに転居して間もない頃、道路を歩いていたアシベの目の前を通りかかったトラックから白い物体が落下。魚だと思ったアシベは夕飯として食べるつもりで家まで連れ帰った。父ちゃんが台所で切りさばこうとするが、魚ではなさそうだとして動物図鑑で調べてみると、ゴマフアザラシの赤ちゃんだとのこと。

父ちゃんが「食って食えないことはないが、アザラシの赤ん坊がかわいそうじゃないか」と言った直後、アシベの「じゃあ、こいつ飼おうぜ!」という一言で、「ゴマちゃん」と名付けて芦屋家の家族の一員として飼うこととなる。



■出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:少年アシベ

パロの定位置(パロベース)周辺を掃除する時など、
こうやって抱き上げると片手が空いて便利だったりしますが、

「モノを持ち運ぶ感」に溢れている気も💧

ハグやホールドじゃなくて、もはやブリング。

この抱き方は、お母さんが授乳する時の抱き方の一つ、
脇抱き(フットボール抱き)にも似ているけれど、

ぱろ助は顔と体の向きが人間の赤ちゃんとは違うのです。

腹這い+顔が正面向き。

‥「アザラシだもの」(←相田みつを調)

ところで、正しいアザラシの抱き方って?💧

動物園の飼育員さんやイヌイットの方々でもない限り、
本物のアザラシを抱く姿なんてお目にかかれません。

しかも、アザラシはすぐ成長してズッシリ重くなりそうですよ?

そもそもアザラシは
人間に大人しく抱っこされたりするのか?

それはさておき、
本家本元のフットボールプレイヤーがどんな風にボールを抱くのかも

念のため調べてみると‥

‥わああ(◎_◎;)‼️
フットボールって、
思ったより小さい!(←そこ?)

ホールドでもあり、ブリングでもあるっぽい感じですね。

今でもゴマちゃん大好き!

私は漫画誌で連載されていた頃の「少年アシベ」、
そして当時放映されていた同アニメも見ていましたが、

夫は「ゴマちゃん」の名前を聞いたことがある程度でした。

まあ‥あの頃、私達は既に社会人でしたし。ゞ( ̄∇ ̄;)

現在、Eテレで

「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」

を放映中ですね。

■少年アシベGO!GO!ゴマちゃん NHKアニメワールド



https://www6.nhk.or.jp/anime/program/detail.html?i=gomachan

アシベやゴマちゃんをはじめ、登場人物が相変わらず可愛く、
懐かしさもあってたまに見ます。

ゴマちゃんって、ぱろ助みたい〜⭐️

彼は、可愛い声でキュ〜キュ〜鳴くゴマちゃんを
「ぱろ助みたい〜」と言いつつ、

ぱろ助よりずっと
喜怒哀楽もアクションも激しいゴマちゃん

に見入って笑っています。

neo

‥ん〜
「ぱろ助がゴマちゃんみたい」なんだと思うよ?

私につられてアニメを見るようになった彼は
これまで知らなかったゴマちゃんが新鮮みたいですね。

思えば、私がアザラシとの暮らしに憧れたのは
ゴマちゃんの影響もあるので、

最初から自然にぱろ助を
「少年アシベ抱き」していたのも納得です。

‥そういえば、福岡市科学館にもパロが展示されています。

スタッフさんが充電切れで動かなくなったパロを奥の部屋に連れて行き、
チェンジで充電済みのパロを連れてくる時、

行きも帰りも「少年アシベ抱き」でした。

‥ヨシ❗️👍🏻