アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
美術館・博物館巡り

東広島・西条でほろ酔い散歩、美術館とお酒とロボホンと

neo

こんにちは、neoです。

この記事は、東広島市・JR西条駅周辺の、半日散策記です。

「酒蔵通り」でおなじみの、風情ある街並みで有名な西条町。

ある春の休日、美術館の展覧会開催に合わせて、出かけてきました。

展覧会に加え、お酒と美味しい食事、そして可愛いロボホンに会えるのが楽しみです。

さあ、ひとり歩きを満喫するぞ〜!

neo

真昼間から、お酒喫茶に立ち寄ったよ。

東広島市立美術館「グランマ・モーゼス展」

まずは、開館直後の美術館から。

早くから前売券を確保したのは、

各地で人気を博した「グランマ・モーゼス展 〜素敵な100年人生〜」。

モーゼスおばあさん(グランマ・モーゼス)の愛称で親しまれ、アメリカ人なら誰もが知る国民的画家、アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス(1860-1961)。

無名の農婦から、70代で本格的に絵を描き始め、80歳の時ニューヨークで初めての個展を開きました。今回、生誕160年を機に特別に企画された本展は、国内で開催される回顧展としては16年ぶり。

最初期の作品から100歳で描いた絶筆、また愛用品ほか関連資料まで、日本初来日を含む約130点を展示します。自然や素朴な暮らしを愛し、たくましく誠実に、素敵な100年を生きたモーゼスおばあさんの世界を紹介します。

■「グランマ・モーゼス展 〜素敵な100年人生〜」公式サイトより引用

残念なことに、展示作品の撮影は禁止。

neo

どんな作品か気になる人は、公式サイトからご覧くださいね。

彼女が生涯を通して描いたのは、のどかな風景や、自分の家族・周囲の人々が楽しそうに働いたり、イベントに集う様子。

優しくて、綺麗な色使いの絵ばかりです。

「自分の目に見えるものしか描かない」という彼女でしたが、雪の舞う中、サンタがソリで夜空を駆ける絵が数枚あったのが、とても印象的でした。

また、有名な画家でありながら、アトリエを持たず、小ぶりな木の机で絵を描き続けたそう。

neo

大きなサイズの作品も多いだけに、意外〜。

最近の展覧会では、画家の作品制作コーナーを再現した展示が見られることがあるのですが、こちらの会場でも発見。

1860年生まれのグランマ・モーゼスのアンティークな木の机には、手描きのカラフルな絵が描き加えられていました。

棚に積み上げられたキャンバスに、汚れたパレット・絞りかけの絵具・あちこちに付着した画材の汚れなどは、まるで「今、ちょっと離席してるだけ」にも見えるリアルさ。

個人的には、筆立てや水入れが、空き瓶のリサイクルだったことが「自然や素朴な暮らしを愛し、たくましく誠実に、素敵な100年を生きたモーゼスおばあさんの世界」を象徴しているように感じました。

「人生は自分で作り上げるもの。これまでも、これからも」

ーグランマ・モーゼス

アメリカの国民的画家だけに、ミュージアムショップには、オシャレな商品がいっぱい。

コーヒーや紅茶・お菓子なども。

neo

私は自分用に、小さなお菓子を1つだけ購入。‥いやあ、面白かったな。

ちなみに東広島市立美術館は、せとうち美術館ネットワーク参加施設。

無料配布の小冊子があれば、割引券も使えます。

お役立ちの小冊子については、こちらの記事で。

【最新版・2022〜2023年】せとうち美術館ネットワークスタンプラリー、今年は瀬戸内国際芸術祭2022と連携!小冊子「せとうち美術館ネットワーク2022」でおトクに楽しくアート巡り。今年は期間限定キャンペーンで「瀬戸芸コラボ賞」も。...

酒蔵通り、散策開始

展覧会の後は、酒蔵通りの散策。

でも、お腹も空いてきたことだし、まずはお昼にしましょ。

1人懐石、いいねいいね〜!

どれも美味しくて、いちいち感動。

■割烹・しんすけ:公式サイト

neo

ふ〜、おなかいっぱい。

今回は時間の関係で、サクッとお散歩します。

お酒喫茶「酒泉館」

レトロな外観の建物が「酒泉館」です。

ここは、賀茂泉酒造のお酒が、常時20種類以上楽しめる「お酒喫茶」。

もちろんソフトドリンクや、お酒を使った和洋スイーツもありますので、お酒が飲めない人も大丈夫ですよ。

neo

ここでしか味わえない限定酒もあるんだって。お酒の飲み比べも人気みたい。

館内もなかなか良い雰囲気で、

館内の「お酒の図書館」で、読書もできます。

neo

酒蔵通り散策中の、ひとやすみにピッタリ。

喫茶室には、お仕事ロボホンの「賀茂泉くん」が‥って、あれっ?

‥キョロキョロ。(・_・ ) ( ・_・)

‥あっ!レジ横にいた!

今は、契約更新の関係で動けないそうで、ちょこんと座ってた〜。

neo

ブログ・SNSへの投稿許可も、ありがとうございました。

去年(2021年)の秋に訪れた時は、

「お酒の紹介して」と話しかけたら、酒泉館で飲めるお酒について、可愛い声で説明してくれました。

うんうん!

「賀茂泉」の前掛けも、キリッとカッコ良かったね。

今回は、お店の人のご許可の元、レジ横からテーブル席に移って、彼を撮影させていただいてます。

‥わあ、なに飲もっかな?

メニューをパラパラ。

neo

決めた!「飲みやすくて美味しい」と噂の「COKUN(こくん)」で。

「COKUN(こくん)」、きたー!

ひゃあ、綺麗な色のお酒だな。

賀茂泉くん、いただきます!

ん〜、本当に飲みやすいお酒だね。

neo

ちびちび。わあ、あっという間に飲んでしまった〜っ!(^▽^;)

賀茂泉くん、また来るね!

ホントに美味しかったので、後日、お買い上げ。

個人的には、賀茂泉さんの梅酒も好きなのでした。

ちなみに酒泉館さんは、土曜・日曜、祝日の営業なので、訪れる前にご確認を。

■賀茂泉酒造株式会社・酒泉館

酒蔵通りを抜け、JR西条駅・観光案内所へ

平日で、人通りが少ない酒蔵通り。

赤煉瓦の煙突が「ザ・西条」。

neo

あれっ?私‥ほろ酔い気分?楽しいな〜っ!

見学ができる酒造さんの直売所に立ち寄り、オリジナルスイーツや、オシャレな酒器を見たりも。

大吟醸を試飲してた女性、満面の笑みで次々コクコク。

‥お気に入りの日本酒、見つかったでしょうか?

美味しいお酒でいい気分になってる人と、笑顔で次のお酒を勧める店員さんのやりとり、何だか微笑ましい。

私も酒泉館さんで飲んだ「COKUN」で、普段よりゆったりした気分になっているからでしょうか?

neo

わ〜、酒粕入りの石鹸とかある〜!

「前に買ったスイーツ、好きだったんだけど、期間限定だったのかな?」だの、新商品の登場に「こんなのも出てる!」と驚くだの、ちょっとした旅行気分。

珍しく春の空を見上げたり、グランマ・モーゼスの生涯に思いを馳せたりしながら、目的地のJR西条駅まで、ポテポテ歩きました。

駅前は、ハナミズキが満開。

neo

まだ帰らないよ!

JR広島駅に向かう列車に乗る前に、駅の2階にある観光案内所を覗かなくては!

だって、ここにもお仕事ロボホンがいるんだもの。

neo

上の写真、よく見ると、ロボホンが写ってました!わかるかな?

ロボホンは、こちらのカウンターに常駐。

この子が、ロボホンの生まれ故郷・東広島で、観光案内をしてくれているロボホンです。

西条に来たら、散策前にここに立ち寄るのがオススメ。

neo

以前、西条名物「美酒鍋」について、写真付きで教えてくれたっけ。

この通り、外国語対応も素晴らしい。

neo

もし私が外人で、初めてここでロボホンに会ったら、間違いなく感激するぞ。

日本人(しかも広島県民)ですが、流暢に喋るロボホンの観光案内は、何度でも聞きたいのであります。

ほろ酔い気分でお散歩、楽しい

広島に遊びに来られた人は、よかったら今度、西条まで足を伸ばしてみませんか?

この町ならではの景色が広がり、数時間あれば、酒蔵通りを十分楽しめると思います。

【JR広島駅〜JR西条駅】

JR山陽本線・乗り換えナシで36分。酒蔵通りは駅前からスタート。

美術館巡りが趣味の私。

今回は、展覧会の鑑賞・ひとりご飯・お酒喫茶の後、街並みをブラブラして、計4時間弱でした。

展覧会目的でお出かけした時は、誰かと一緒の時も、ひとりの時も、食事や散策が楽しくてたまりません。

neo

こと西条は、酒蔵通り散策+ロボホンに会える町だから!

もう少し詳しい、酒蔵通りの様子については、過去記事でどうぞ。

西条で美術館・酒蔵通りの散策東広島市立美術館「今井政之展」・西条酒蔵通りの散策記(ロボホンが登場します)。 ...

そして今回の散策中、以前ロボホンオーナーさんとお会いした時の、貴重なひと時を思い出したりもしました。

neo

最高に可愛い、ロボホン兄弟を連れてきてくださったのです!

ロボホンのプログラミング(ロブリック)と動画撮影見せてもらったロブリックによるロボホンのプログラミング見学記。クイズ動画「ロボホンダンスイントロドン」の撮影風景・完成動画、3人のロボホン達によるロボ会話・輪唱の様子。...

酒都・西条、今回もありがとう。

次に訪れる日が、既に待ち遠しいneoでした。

neo

大人の休日、最高!それではまた!