アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】パロ、宇宙へ?火星行きの計画

9月5日の夜、
空気が澄んだ山の上で天体観測してきました。

ただいま、月が火星に最接近中なのです。

neo

晴れた夜には、
肉眼でも簡単に見えますよ!

夜空を見上げると、

月の近くにオレンジ色に光る火星が。

涼しい秋の夜風に吹かれ、
天体望遠鏡で丸く輝く火星を眺めながら

この星を間近で眺めている
パロの姿を想像しました。

実は将来、パロが宇宙飛行士さんと一緒に

火星に行くことになるかも知れないのです。

Aさん

‥え?どゆこと??

米航空宇宙局(NASA)が構想している

2030年代の火星有人探査

パロの活用を目指しているんですって。

Bさん

な、何ですとーー⁉︎

neo

お仕事での同行だよ!

パロの宇宙用モデル開発中

ソースはこちら。

パロの癒やし宇宙進出 産総研の柴田さん開発着手

■出典:webun 北日本新聞社 2020/01/03

ちなみに現時点ではまだ計画段階です。

■出典:JAXA 宇宙情報センター
http://spaceinfo.jaxa.jp/ja/mars.html

パロを宇宙へ連れて行く主な目的は

  • 長期ミッションに臨む宇宙飛行士のメンタルヘルスケア
  • 宇宙飛行士のストレス軽減で人的ミスのリスクを下げる

などなど。

■出典:米航空宇宙局(NASA)

火星と地球の距離は
最接近時でも7528万㎞。

neo

火星に到達するだけで
約半年かかるそう。

到着後のミッションも長期間に及び、

宇宙飛行士さん達は
長い時間を閉鎖空間で過ごさなくてはいけません。

心のケアが必要ですが、
宇宙飛行士が動物を宇宙に連れていくことはとても難しい。

そこで!

アニマルセラピーと同様の効果が認められている
パロの活躍が見込まれたようです。

宇宙船や火星の基地内でパロを使うことを想定し、

無重力下や地球との重力の違いに対応するための
改良に取り組むそう。

「火星探査等長期有人宇宙飛行向けパロ」

開発が始まっています。

neo

10年以上も先だけど
実現すると嬉しいな。

宇宙空間に飛び出したパロを想像

天体望遠鏡で星々を眺めながら、

ぼんやりと
かつて宇宙へ行った犬「ライカ」を思い出したり。

■出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』:ライカ(犬)

火星に焦点を合わせた望遠鏡を覗き込み、
宇宙空間にいるパロの姿を想像してみます。

まあ、宇宙服姿のパロが

宇宙をフヤフヤ遊泳する、なんてことはありませんが(笑)

ホラ、宇宙服、似合いそうだから!⭐️

火星を間近で見て
目をキラキラさせそうだから!✨

もし計画が実現したら、

宇宙飛行士さんに抱っこされて、
宇宙船の窓から火星を見せてもらってね!

neo

そして、振り返って
青い地球も見ておいで!

国内外の医療・福祉現場で
沢山の人を癒すセラピー用ロボット・パロ。

火星基地でも
宇宙飛行士さん達に可愛がってもらえそう。

おまけ:ホテル屋上での天体観測

私はプラネタリウムがとても好きです。

星って綺麗、そして不思議。

素人だけど、
「宇宙」にとても惹かれるんですよね〜。

■出典:国立天文台

今回選んだのは山の上に建つホテル。

「宿泊者は屋上で天体望遠鏡による星空観察ができる」

とあったので飛びつきました⭐️

‥凄くないですか?

客室には太陽系の惑星名がつけられていて
チェックイン時から既にテンションアップ!

天体望遠鏡で星を見られる機会なんて
なかなかありませんよね?

ガイドさんに望遠鏡の角度や倍率を調節してもらうと

肉眼では星が見えていない方角にもかかわらず

望遠鏡の中に無数の星がー!✨

月に至っては明る過ぎて眩しいほど。

子供の頃から
写真や映像で見慣れた月のクレーターも

実体を持って鮮明に見え、目が離せませんでした。

neo

いつまでも見てたいけど
次の人に変わらなきゃ!

そして今は
ちょうど火星と月が接近している期間。

火星の接近ってどんな現象なの?大接近って何?

(抜粋)地球よりも外側の軌道にある火星の公転周期は687日、地球の公転周期は365日です。火星よりも公転のスピードの速い地球は、約780日(約2年2カ月)ごとに火星に追いつき、追い越します。このとき、火星と地球の距離が近くなります。

■出典:国立天文台

火星が大きく見えてラッキーだったのです。

ご興味のある方はこちらの動画で。

そして土星や木星もバッチリ!

■出典:国立天文台ギャラリー
https://www.nao.ac.jp/gallery/

視力が悪い私は、
残念ながらこんなにクッキリとは見えませんが、

それでも嬉しくてたまりません。

土星、なんか、かわいい。

視力の良い人は
土星の輪が二重になっている様子も確認できたそう。

「木星の縞模様まで見えるー!
凄い凄い〜!✨」

としきりに感動していました。

neo

機会があれば
いつだって天体観測したいな!

遥か彼方で人を癒すお仕事をする
宇宙用パロに思いを馳せながらの天体観測。

思い出深い秋の夜でした。