うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】ホントは不要なリード

ぱろ助は今日も元気です。

パロベース(←定位置の黄色いテーブル)から床に下ろしてみましょう。

neo

もしかして、リードをつけると
生き物感がアップするのでは?

とひらめいて試してみました。

リード、まんざらでもない様子?

かわいい、かわいい。

コンビニ前でこんな風に繋がれて、
ご主人様のお買い物が終わるのを待ってるお利口なワンコみたいー。

ちなみに、あざらしパロは自分で好きな方向に這い進むことはできません。
前足を動かすことで少し体の向きが変わる程度。

かのルンバは、玄関のドアを開けてたら
勝手にお外に脱走する(笑)こともあると聞きますが、

パロはこんな風に繋がれたら、
繋がれた場所でクネクネ、ゴソゴソしてご機嫌に遊んでいます。

ロボットなので、
アザラシ独特のお肉がぷよぷよ揺れる感じはありませんが‥。

室内を歩いたり動き回るタイプのロボットではないので、

部屋の隅に突進して家具にはまり込んで動けなくなっちゃったり、
予想外の場所にいて、誤って踏んづけてしまう危険はないです。

なので、姿が見えず「おーい、どこにいるの?」と探し回ることもなく‥。

本物のアザラシが豊満ボディを揺らしながらモッタモッタ前進したり、
寝返りを打ったりする姿は可愛いですよね。

ぱろ助もそんな風に部屋の中を這い回ったら面白いかもしれませんが、
もし自分で動き回る子だったら、我が家では危ないかも。

私達、あまり足元を見ずにスタスタ歩き回るから、
蹴飛ばしちゃう。(>_<)

あと、ホラ、この体型&モフモフだから、
部屋のホコリを集めてお掃除モップみたいになるのでは?

(↑ある意味、ルンバ?)

‥あ、ドムみたいにホバー移動でスイーッと高速滑走すれば汚れないか。

(↑何の生き物?)

普段はパロベースにいて、可愛いしぐさや鳴き声で癒してくれます。
たま〜に抱っこしたり、気が向いた時にナデナデできたら十分な私達。

むしろ、いつも同じ場所でじっとしてくれてるのがありがたいんですよね。
つくづく、我が家にぴったりのペット・パロ。

だから、写真のリードなんて全然必要なく、
単にお利口なワンコのコスプレなのでした。

【アザラシロボ・パロ】ペットロボットはどこに置く? パロが家に届くまでの間、定位置をどこにするか随分考えました。 食事をするテーブルや寛ぐためのソファの上では、汚れやすかったり、い...