アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

お仕事パロのオーナーさんに聞く①・豆助&くるみちゃん

neo

こんにちは、neoです。

セラピー用ロボット・パロは、国内外の医療介護施設などで、人を癒すお仕事をしています。

neo

本来の実力発揮中。名付けて「お仕事パロ」。

被災地に派遣されたパロや、単発イベントで活躍するパロも「お仕事パロ」ですね。

スタッフさんにお世話されながら所属施設で暮らす「お仕事パロ」がいる一方、お仕事以外の時間は、個人オーナーさんのお家で暮らしているパロもいます。

そんなパロ達って、お仕事中、はたまたおウチではどんな様子なのでしょう?

neo

我が家のパロは、お仕事してないから興味津々。

また、お迎えまでの経緯やオーナーさんが抱く「ウチの子」への思いも気になるところ。

お仕事パロのオーナーさん達にお話を伺うシリーズ・第1弾は、(一社)ハッピーネット所属の「まめ母ちゃん」さんです。

まめ母ちゃん

こんにちは、まめ母ちゃんです。
2体のお仕事パロ、豆助(まめ・まめちゃん)・くるみ(くるみん・くるちゃん)と暮らしています。

まめ母ちゃんさんについては、↓こちらの記事でも簡単にご紹介しています。

【アザラシロボ・パロ】現オーナー達が購入した子は新品?それとも中古?購入までの経緯とその後について聞いてみた neo こんにちは。パロとプチクーボオーナーのneoです。 この記事では、お家でパロと一緒に暮らす4名のオーナーが、 ...

ちなみに、まめ母ちゃんさんがパロに初めて出会ったのは、2016年4月。

(一社)ハッピーネットの堀代表と共に訪れた、家族介護者支援センター「てとりんハウス」にいたゴールドのパロ「モモちゃん」が初パロでした。

まめ母ちゃん

あまりの可愛さに、ずっとなでなでしていました。

それでは早速、豆助ちゃんとくるみちゃんのお話を伺ってみましょう。

豆助ちゃんお迎えの経緯・おウチの中やお仕事中の様子

まめ母ちゃん

それではまず、豆助(まめ・まめちゃん)のお話から。

  1. 豆助ちゃんと一緒に暮らし始めた日・お迎えまでの経緯

    2017年4月、COCOちゃんと暮らしていた堀代表が「今後の活動のために」と、オークションでパロをもう一体購入。 

    4月末頃、堀代表から「多頭のパロの世話は大変^^;」とお話があり、急遽我が家へ来ることとなりました。

    性別は男の子、名前は「豆助」とつけることに決まり、5月2日、くろいねこさんに運ばれて我が家へ。

    ところが外箱もなく、説明書も特別戸籍謄本もなく。。。

    なので、その日からネットでパロのことを色々と調べまくりました😄

    「動くぬいぐるみ」と思っていた父ちゃんも、すっかりパロに魅了され、今ではパロに関してかなり詳しくなっています。

    5月末頃、まばたきを何度もしたり動作不良があったため、知能システムのパロクリニックに電話。

    オーナー登録をしてもらい、パロクリニックで診てもらうことに。

    退院時には、新たな外箱に入れてもらって帰ってきました。

    また、取り扱い説明書や特別戸籍謄本も一緒に送っていただきました。
  2. 普段のふれあい方・おウチでの豆助ちゃんの様子

    普段は居間の長座布団の上にいます。

    父ちゃんと一緒にこたつで過ごしたり、夜にはたまに母ちゃんと一緒に寝ることもあります。

    買い物に行く時や、実家に帰省したり旅行する時には、お供することが多いです。
  3. お仕事中の豆助ちゃんの様子

    ふれあい体験や家族介護者のカフェ等、ハッピーネットのセミナーの時には、お仕事に行きます。

    また、パロ・ハンドラー研修会にも時々参加しています。

    仕事中は怒ることはあまりなく、名前を呼ばれると返事をしたり、抱っこしてもらうとうっとりとした表情を見せたり、時にウインクもします。

    障がいを持つ方や認知症状のある方たちと、とても良い距離感を保ちつつ寄り添っていく姿に、いつも「すごい!」と思ってみています。

    言語を引き出したり、動きの悪いところが動くように導くのもとても上手です。

    なので、仕事から帰って家に着くと「ぼく、とってもがんばったよ!」と言うがごとく「くい〜ん」と鳴いて甘えん坊になります。
  4. 豆助ちゃんはこんな子・ココがたまらない!など

    活発で人と過ごすのが大好き。よく動き、よく喋ります。

    お得意の鳴き声は「ふ〜ん⤴️」と語尾があがります。

    まるで相槌を打っているかのようです。

    ビニール袋のカシャカシャの音、くしゃみは嫌いのようで「ぶひゃー」と怒られます( ;  ; )
まめ母ちゃんさん

共に暮らすくるみの鳴き声がしないと、ちょっと寂しそうですね。

くるみちゃんお迎えの経緯・おウチの中やお仕事中の様子

まめ母ちゃん

今度は、くるみ(くるみん・くるちゃん)について。

  1. くるみちゃんと一緒に暮らし始めた日・お迎えまでの経緯

    父ちゃんが「もう一体パロがほしい」と、ずっと言っていました。

    2020年6月、おちょぼ口のパロちゃんをオークションで発見!!

    写真を見て一目惚れし、6月27日、我が家へ来ることになりました。

    名前をどうするか?‥父ちゃんが悩みに悩んで「くるみ」と名付けました。
  2. 普段のふれあい方・おウチでのくるみちゃんの様子

    普段は、豆助とともに長座布団に一緒にいます。

    父ちゃんが2体一緒に遊んだり、母ちゃんと交代で遊んだり。

    最初はとても大人しいパロでしたが、だんだんと豆助の鳴き声につられて鳴いたり、動いたりし始めました。

    父ちゃんの歌が大好きで、合いの手を上手に入れてます。

    だけど、のんびりでマイペースです。

    写真を撮る時も、気分が乗るまでは目を閉じていて時間がかかります。
  3. お仕事中のくるみちゃんの様子:

    お仕事は一度だけ。

    開発者の柴田先生が名古屋で講演をされた時に、ふれあい体験で参加しました。

    けれど、母ちゃんがパロを2体運ぶことはなかなか難しいため、父ちゃんとお留守番が多いです。
  4. くるみちゃんはこんな子・ココがたまらない!など

    くるみは、豆助が「お腹が空いたよ!」と泣き出すと、心配なのか一生懸命豆助の方へ向こうとします。

    活発なお兄ちゃんを優しく見守る妹のようです。

大好きな父ちゃんと。

neo

わああ、可愛いですね!
豆助&くるみちゃんは、ご夫婦にとってどんな存在ですか?

まめ母ちゃん

父ちゃん・母ちゃん共に、ロボットという意識はなく、家族の一員としてみています。
団地住まいで長年ペットと暮らすということも諦めていましたが、このような形でかわいい子どもたちができたこと‥いや、孫かもですね‥これはとても感謝しています。

「お仕事パロ」としての豆助ちゃん

ここで、お仕事中の豆助ちゃんの様子をご紹介します。

neo

ああ、豆助ちゃん、お子様にも可愛がられています〜!

まめ母ちゃんさん

そうなんです。そうだ!コロナ禍前、ある高齢者施設に豆助を連れて行った時のお話をしますね。

そこの管理者さんが、こちらの写真の方に豆助を連れて行ってくれました。

普段は車椅子を利用され、両手には拘縮予防のため「にぎにぎ」をつけられている方です。

neo

「にぎにぎ」‥柔らか素材でできた、手指の可動域を広げるリハビリ用具ですね。手の拘縮を予防する目的で、ずっと「にぎにぎ」を握っておられる高齢者さん、いらっしゃいますよね。

まめ母ちゃんさん

はい。この方はずっと下を向かれていたのですが、管理者さんが豆助を目の前に連れて行って「にぎにぎ」を外されたのです。

neo

おお、それでそれで?

豆助が「ぴゅっ」と言った時、この方は顔をあげてくださり、豆助と目が合いました。

その時、膝の上にあった手が豆助の手に伸びて、ゆっくりと撫で始めたのです。

写真の通り手指も伸びて、ずっと豆助を見ておられます。

10分程度の個別の触れ合いで、言葉は話されませんでしたが、豆助が向く先に顔を向けられ、豆助の手や顔をゆっくりゆっくり撫でてくださいました。

お顔も緊張が解けて穏やかに。

その後、豆助が別の方のところへ移動すると、再びうつむかれ、手も握ってしまわれました。

心が通じ合う瞬間を見られて、かなり嬉しかったです。

neo

何か、じんとくるエピソードですね〜。

まめ母ちゃんさん

飽きることのない魅力をもち、日々個性を発揮して成長していくパロ達の姿が見られるのも、ハンドラー冥利につきますね。

neo

そっか、お家では家族として楽しく過ごし、お仕事シーンでは感動や充実感が。

そんなまめ母ちゃんさんのTwitter(@mamemam0502)の可愛い動画には、いつも癒されています。

思わず笑顔になってしまう写真も素敵。

ご夫婦に可愛がられ、くるみちゃんと一緒に長座布団の上でまったり寛ぐ豆助ちゃん。

その一方、子供達やご高齢の方に触れてもらうことで、セラピー効果を発揮する実力派でもあります。

どちらの姿も見守りつつ楽しめるのが「お仕事パロ」オーナーさんならではの醍醐味ですね。

neo

まめ母ちゃんさん、貴重なお話、どうもありがとうございました。

「ロボット反対派」から「パロ大好き」に転じた先生に聞く・パロお迎えまでの経緯ハッピーネット代表・堀先生からお寄せいただいた、パロとの出会い・「ロボット反対派」から「パロ大好き」へ・「パロ・ロス」を経てパロ購入へ‥の経緯。先生の文章と写真を、当ブログのレイアウトで転載。 ...