うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】パロに会える「サイエンス・スクエアつくば」「産総研」

neo

こんにちは。
パロオーナーのneoです。

私には以前から行ってみたい施設があります。

それは!
サイエンス・スクエアつくば‼︎

パロが待つ施設

この記事内でご紹介する画像は、

産総研(国立研究開発法人産業技術総合研究所)さんのHPから
引用させていただいています。

■産総研HP:https://www.aist.go.jp/

さて「科学の街・つくば」にあるこの施設は

産総研さんの研究・成果をわかりやすく紹介する
「産業技術のショールーム」です。

私は専門知識なんてないくせに
科学館好きなので興味津々ですが、

何を隠そう、
ここはパロが開発された産総研さんの施設!

パロオーナーとしては
是非とも行ってみたい!

パロに会えるのはもちろん、

まだまだ知らないパロの秘密が
いっぱい待っていることを思うと

遠方にもかかわらず
すぐにでも足を運びたくなっちゃいます。

neo

丸1日かけてじっくり
満喫したいなあ〜!

産総研つくばセンターでは一般公開の開催も

隣接施設のこちらでは

毎年7月下旬の土曜日に「つくばセンター 一般公開」があり、
各種イベントも開催されるようです。

neo

何それ?何それ〜?

2020年度は
コロナウイルス感染拡大防止・来場者の安全確保のため

夏季の開催は中止されたとのことですが、

2019年のプログラムを見つけて

「こんな素晴らしいイベントをやっていたとは〜〜!」

と、床をゴロゴロ転げ回りそうになりました。

neo

行きたかった!
コレ、絶対行きたかったっ!

だって、内容が・凄・い・ん・です!

特集「パロ」!!

特別公演として、開発者の柴田氏が

「パロ誕生から現在までの研究秘話を直接語ります」ーー⁉︎

「パロと来た道。パロが行く道。」

本当に、本当にお聞きしたかった!(T△T)

neo

パロのお父さんである
博士のお姿も拝見したいの!

この展示も見たかったなあ〜っ!(T△T)

実は各地で産総研一般公開が!

こんなに充実したイベント情報を知らなかったことが
実に悔やまれます。

もし関東に住んでいたら、

あるいはタウン情報やチラシなどで
偶然知る機会があったかも知れません。

けれど遠く離れた県で暮らしていては、
こちらから探しに行かないと手に入らない情報でした。

しかも「つくば‥遠い‥」
ションボリしていましたが、

色々調べていたら、何と!

在住県にも産総研がっ⁉︎

しかも、2019年は一般公開やってたーー!

neo

そーだったの〜っ⁉︎

ダブルで見逃してました‥うう(+ω+)

展示内容を見てみると、
興味深い内容がビッシリではありませんか。

‥そして、体験コーナー。

やっぱりパロも来てたーっ!

(この一覧表の下方。拡大図アリ)

↓拡大図

neo

知ってたら行ったのにー!

コレが本当の
アフター・ザ・フェスティバル。

次回は逃すことのないよう、
ちゃんとアンテナを張ってなきゃ。

願わくば‥つくばへ。循環バスもあった!

「科学の街・つくば」では、
土日祝日限定で6つの研究教育施設を巡る循環バスや、

サイエンスツアーなんかもあるそうで、
初訪問者でも効率よく見学を楽しめそうですよ⁉︎

■つくばサイエンスツアーオフィス 茨城県科学技術振興財団
https://www.i-step.org/tour/index.html

■出典:つくばサイエンスツアーオフィスHP

■つくばサイエンスツアーバス
https://www.i-step.org/tour/tsukuba-science-tour-bus.html

未踏の地での移動手段って
下調べしてても何となく不安だったりしますが、

憧れの「サイエンス・スクエアつくば」へは、
このバスに乗れば迷うことなく行けそうです。

他にも絶対行ってみたい施設がこんなに密集してるー!

植物園?宇宙センター?きゃ〜!(≧∇≦)

私にとって巨大テーマパーク、
そして「夢の国」に違いありません。

neo

絶対行くよ!つくば。

そして「サイエンス・スクエアつくば」はもちろん、

もしかしたらあなたが住む街の近くにも

パロと会える場所・イベントがあるかも知れません。

neo

機会があれば是非、
実物のモフモフパロに
触れてみてくださいね!