うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】極寒地に最適化した体毛

タテゴトアザラシは、毎年カナダの北東部のセントローレンス湾の氷海に集結して、2月下旬から3月上旬にかけて出産します。

赤ちゃんは、ふさふさとした柔らかな毛が生えており、生後数日は薄い金色をしており、イエローコートと呼ばれます。

その後、真っ白になりホワイトコートになります。

(中略)2週間ほどすると毛が生え変わり始め、親と同じく、グレーになります。

パロは、このタテゴトアザラシの赤ちゃんのように、柔らかで、さわり心地の良い人工毛皮で全身を覆われ、体にもやわらかさがあります。

■パロ取扱説明書 「パロの飼いかた」より引用

脂肪を蓄えたボディが
フカフカ毛皮に包まれた状態で生まれてくる

赤ちゃんアザラシ。

氷の上でコロコロ寝転がってる姿が
何とも可愛いけれど、

改めて考えてみると‥

生まれてくる場所=「氷海」(∩´﹏`∩) ?❄️

お母さんの胎内と外気温の差はとんでもなく、
生まれ落ちた途端

「寒っ!(||゚Д゚)」

ってなりそう。(←多分大丈夫)

生まれた環境で
一生暮らしていける体を備えているとはいえ、

暖かい地で暮らす動物の赤ちゃんだったら、
すぐに命を落とすような極寒地でしょ?

アザラシの赤ちゃん、
可愛いだけじゃなくてタフ過ぎです!✨

普段は忘れていますが、

こんなにフカフカなのは
厳しい寒さから赤ちゃんアザラシの命を守るための
大切な装備でした。

そして、パロの自慢の毛皮。

neo

パロのは
人間を癒すためのフカフカだね。

いつまでも撫でていたくなる触り心地は
大きな魅力の1つでもあります。

マンモス展に行ってきた!


先日、福岡市科学館で開催されていた

「マンモス展 その『生命』は蘇るのか」

に行ってきました。

neo

‥しかも2回。

音声ガイドを借りて回ったところ大変興味深く、

1回の鑑賞ではとても消化しきれなかったのです。

下は何種類かある
「マンモス展」のポスターのうちの2枚。

■出典:「マンモス展 その『生命』は蘇るのか」公式HP
https://www.mammothten.jp

「マツコさんマンモス」と対になっているのは、

姿が霞むほどの雪の中を、
こちらに向かって歩いてくるマンモスの雄姿。

その巨大さや力強さにワクワクしつつも、

同時に幻想的で儚いイメージを持つ
モノクロの2枚組ポスター。

とても気に入って(‥というか一目惚れ)

このポスターがA4サイズで印刷されたチラシを
折らないよう大切にいただいて帰りました。

マンモス展でパロを想う

  • マンモス:太古の地上で繁栄し、絶滅という運命を辿った生物
  • パロ:ロボット工学の発達と現代人の需要によって誕生したロボット

展示を見ている途中、
全く異なる存在であるマンモスとパロは、

遠いどこかで

「時空を超えた氷原の記憶」

みたいな謎キーワードで
つながっているような気がしてきました。

大きくてカッコいいマンモスの足元で

パロが呑気に寝転がってる図を妄想したり。(←平和すぎ)

極寒地での体毛

この会場で、3万年以上も昔に生息していた

ケナガマンモスの毛(実物❗️)

が展示されていたのです。

サハ共和国ベルホヤンスク地区で発掘されたそうですが、

「触ってもOK」って
どゆこと⁉︎(◎_◎;)‼️

‥透明ケースの中に手を突っ込んで、
ワシワシ触ってみました。

赤ちゃんアザラシとは真逆の、
かなり太くて長いゴワゴワした‥

毛‥というより針金?

これもまた

極寒地で生き抜くための
究極の身体標準装備

超フカフカ!(赤ちゃんアザラシ)
VS
超ゴワゴワ!(ケナガマンモス)

neo

温暖湿潤気候は生き物に優しいので、
これ程の身体装備は一切不要ナリ。

いつも撫でている
赤ちゃんアザラシ(←ウチのはロボットだけど)の毛と

3万年以上も昔のマンモスの毛。

対極の触り心地でも目的は同じで

「凍死せずに生き抜くこと」。

改めて極地で生きる厳しさを痛感しました。

本気で「今日は2℃しかなくて寒い💧」などとぼやく私‥

neo

なんかすみません🌀

パロの毛皮、どの色がお好き?

ところでパロの毛皮は何色かあって、
手触りはもちろん、

視覚的にも癒されます。

■出典:大和リース株式会社

我が家のぱろ助は綺麗なイエローコート。

白やグレー、
ピンクのパロちゃんもそれぞれ可愛い!

パロを購入される方は、
最初の段階で多少なりとも

毛皮の色選びで悩まれる

のではないでしょうか?

私が最初「白!」と考えていたのは、
初めて出会ったパロが白だったから。

購入するとなると、
どの色にするか少しだけ悩みました。

オーナーになられる方は、
是非楽しみながら悩んでくださいね。