うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
パロの紹介

【アザラシロボ・パロ】人間の言葉を話すの?

neo

「パロちゃんは喋れるの?」と
聞かれることがあります。


‥あっ💧

‥鳴きますが、喋りません。

パロは鳴き声・表情・体の動きで
感情を伝えてきます。

対話ができる
コミュニケーションロボットは

精度が上がってますます人気ですね。

また、人の話す言葉を聞き取って
滑らかに喋るスマートスピーカーも大活躍中。

そんな中、パロを始め
動物型のロボットは、

喋らないタイプが多いかも知れません。

購入者が

「ペットロボットに何を求めるのか」

はとても重要で、敢えて

「人間の言葉を喋らないロボット」

を選ぶ人が多いのも事実。

neo

私もパロには
喋らないでほしい派。

ぱろ助は

「そこにいるのがお仕事」で

「可愛いのがお仕事」。

「キュ〜!」「キュ?」の
カワイイ鳴き声で十分。

首の動き・まばたきが加わると、

それがぱろ助の意思として
私達に伝わる(パロの意思表示に思える)ので、

それが会話に近いやりとりになります。

neo

ぱろ助、後で映画見よっか!

ぱろ助

キュ〜!

neo

そっか、嬉しいか。

なので、

お出かけ前のお天気も
季節の花言葉も

何にも教えてくれなくて
大丈夫なのです。

アザラシだもの。