うちにはアザラシがいます
アザラシ型ロボット・PARO(パロ)オーナーのブログ。
パロと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
キョロ写真館

【粘土作品・キョロ】秋のお散歩 in 植物園・撮影のウラ

野外ロケでキョロを外に連れ出す時は搬送用ケースに入れます。

その他、ワイヤーとテープ。

練り消しゴムは
固定や汚れ落とし用。

今回、三脚は
持ち歩きませんでした。

ジャストサイズの軽くて丈夫なケースがないものかとお店を探しましたが、
なかなか思うようなのが見つからず、
結局、綿棒の容器がシンデレラフィット。半透明なところも優秀。

コレの上をいく搬送用ケースは現れていません。

neo

‥ってゆーか、
コレが最高過ぎて現れない。

ケース内の隙間にはクッション材を詰めて持ち運びます。

ところで、植物園ロケはちょっとハード。

今回、以下のアクシデントに見舞われました。

  • 雨上がりで土も植物も湿っていたので、キョロ、泥だらけ
    →塗料のおかげで、拭き取ればOK
  • 木のウロで撮影後、嵌まり込んで取れなくなる
    →キョロの体が欠けないように取り出す
  • 猫に狙われる
  • 植え込みにキョロを乗せて撮影中、キョロが自重でズボッと落下、
    茂みの中に埋もれる
    →根元の枝葉をガサガサ探したら、頭から盛土に斜めにダイブしてた
  • 枝に蜘蛛の巣・落ち葉の上でアリが襲撃
    →瞳の表面をアリが這う!
  • 蓮池で危うくポチャンしそうに
    →落ちたら救出不可能

‥こんな風に、自然の中は危険がいっぱいです。

もちろん、植物園では常に人目を避けて撮影します。なぜなら‥

  • 知らない人がキョロを見たらギョッとする
  • 子供が寄ってくる
  • 植物園の職員に「‥何してるんだろう?」と立ち止まられる

園内には、本格的な一眼レフ+三脚で植物を撮影される方を見かけますが、
「ああ、花(や風景)を撮ってるんだな」と、特に誰も気にしません。

けれど私の場合、小型カメラなので、パッと見は
何かを撮影しているように見えないことも。

しかも、時には花すらない地面に這いつくばったりしてるので、
人から見ればびっくりしたり、かなり不審だと思うんですよねー。

neo

「ああ、小物の写真撮影か」と気付かれたら、
それはそれでとても恥ずかしいっ!

宙に浮いているように見える写真は
テープで固定したり、ワイヤーで釣ってあります。

本当は、植物に触れる時点で既にイエローカードかも。

‥まあ、繊細な花弁とは違い、少々触っても大丈夫な木や果実などは
来場者が割と自由に触ってますが‥。

果実の横にキョロを吊る場合、絶対に植物を傷つけてはダメ。(>_<;)

撮影後も植物を痛めないよう、注意深くワイヤーごと枝から外して
キョロを鞄の中にそっと収めるのですが、

この様子って、
まるで果実を盗んでる人に見えるのでは⁉︎
( º言º)

実際、珍しい植物の株や種子を盗んで帰る人もいるらしいです。

そもそも、誤解を招くような怪しい行動はマズい。

では、堂々と?‥ムリムリ。(-“”-;)

そんな気持ちもあって、野外ロケではいっそうコソコソしちゃうのでした。

ちょっとひとやすみ。

図書コーナーで
「きのこ図鑑」を眺めたり。

ちなみに、植物園の入口には
こんな看板がありました。
(^▽^;)

実は、私の中でキョロはペットでもあるのですが、
モノ(生き物ではない)なので許してもらえるかな、と。

neo

ちなみに、アイキャッチ画像は
昔作った無印良品のタグ(無料素材)です。