アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
キョロ写真館

【粘土作品・キョロ】2010年・おひなさま

このカテゴリでは、粘土作品・キョロを撮影した写真を紹介します。

  • 趣味で粘土作品やフィギュアを自作する人
  • 人形やぬいぐるみなどを自分でセッティングして撮影するのが好きな人
  • それらの写真が好きな人

に楽しんでいただけたら嬉しいです。

前回のタイ旅行での撮影から10年が経過しました。

neo

2010年になったよ!

人間は10年で容姿も環境もそれなりに変わるけど、キョロ達は相変わらず。

そして!フィルムカメラがやっと

デジカメ(Cyber-shot)になっております‼︎

「タイ編」までは古いアルバムに貼ってあるプリント写真を撮影して掲載したものでしたが、今後のキョロ写真は全てデジタルデータ。

少しは見やすい画像(←当社比)がアップできるようになりましたので

neo

是非お楽しみくださいね!

キョロで華やかなおひなさまを作ろう

2月の寒い夜。殺風景な部屋。

急に「キョロで雛壇を作ろっ!」と思いつきます。

2時間後。家の中にある死蔵品を寄せ集めて

neo

小さなおひなさま完成!

キャストは、お内裏様・お雛様・三人官女・五人囃子・右大臣・左大臣で計12人。

ジャスト12人!

12羽のキョロ達には年齢・性別がないので、配役も自由です。

女雛はちゃんとスタンバってますが、男雛は闇を失踪中?

‥いえ、まだ作業台(黒)の上に取り残されているだけ。

12人の中では「猫耳の翁」が一番気に入りました。

桃の花を追加、完成!

桃の花を添えて‥よし!改めて全員配置完了〜っ!

 ||| \( ̄▽ ̄)/ |||♪

ミニ雛壇で部屋が賑やかになったので、もう楽しくてたまりません。

neo

寒い2月に春が来た。

小物・雛壇について

金屏風は俵屋宗達筆「国宝・風神雷神図」。

京都の建仁寺で購入したレプリカです。


空き箱で雛壇を組み、死蔵品や余った素材で小物を作りました。

ぼんぼりはワイングラスを和紙でラップ。LEDライトが灯ります。

松飾りと鞠(まり)は、お正月飾りを流用。

ご覧の通り、細かい部分はアレですが(汗)

neo

雛壇に並べちゃえば気にならないかな、って。

後日、キョロを役柄別に飾る

丸っこい体を和紙で包んだ途端、和菓子っぽくなるキョロ達。

これまでキョロに何かを着せる発想はなかったけれど、雛壇を眺めていると「これもアリ」。

頂き物のミニ畳(新品)がサイズ的にピッタリだったので、雛壇を崩した後は役柄別に飾ることに。

何やら会話が聞こえてくる気がして愉快です。

三人官女の女子会。

「猫耳様、お優しくて素敵よね〜」

「うんうん〜」

右大臣と左大臣。

「おお、猫耳の。先ほど誰ぞがお主を探しておったようじゃが‥」

「うむ、蜜柑坊かの」

蜜柑くんは時々、翁に会いに来るようです。

左大臣の猫耳様、大人気。

五人囃子はバンドなので、今後の活動について某バンドを研究中ww

「拙者達のような楽人を”ばんど”とも言うらしいぞ?」

「ほほう!ばんど、とな」

「謡が”ぼーかる”で、太鼓は”どらむす”じゃ」

「おお!」

「しかしこやつら、ちと地味ではござらぬかのう?」

‥失礼しました〜。

室内でセット撮影を始めよう

キョロ12羽を動員した雛飾り。

飾りつける過程に夢中になっただけでなく、

「写真に残せば、セットを崩した後も楽しめる!」

と気付いたので、今後も色々ディスプレイしてみることに決めたのでした。

neo

新たな趣味に目覚めたかも!

さて、お次は五月人形に組み替えることにしましょう。

【粘土作品・キョロ】2010年・五月人形 このカテゴリでは、粘土作品・キョロを撮影した写真を紹介します。 趣味で粘土作品やフィギュアを自作する人人形やぬいぐるみなどを自...