アザラシロボ・PAROオーナーのブログ。
パロやプチ・クーボと暮らす楽しい日々・時々アートのこと。
キョロ写真館

【粘土作品・キョロ】1998年・増産の巻

このカテゴリでは、粘土作品・キョロを撮影した写真を紹介します。

  • 趣味で粘土作品やフィギュアを自作する人
  • 人形やぬいぐるみなどを自分でセッティングして撮影するのが好きな人
  • それらの写真が好きな人

に楽しんでいただけたら嬉しいです。

20年以上昔に作った作品を、当時のプリント写真より。

今回は成形後、白いジェッソを塗って乾燥させているところです。

4羽単位で増産

軽量石粉粘土・メルファンド1袋で、2羽のキョロができます。

1回の作業で4羽ずつ作りました。

ドールアイは2個がワンセットなので、目玉の端数も出ません。

ベランダの室外機の上で乾燥中。

カラッカラに乾くと体が少し引き締まり、目のエッジが鋭くなります。

白いジェッソがマットな質感なので、瞳が潤んだように見えるのでした。

最終的には12羽まで増産しています。

キョロの作り方

「どうやって作るのか」ですが

neo

「おにぎりを握る感じで…?」としか‥

  1. 粘土1袋を開封後、2等分する
  2. 粘土を丸く広げ、真ん中にドールアイをおく
  3. 粘土でドールアイを包み、形を整える(←ここがおにぎり的)
  4. 翼と触覚をつける

素人の粘土遊び、高度なワザは一切ありません。

キョロの作り方メモ

キョロを異様に気に入ってくれた友人の息子くん。
20年以上経過したので、既にパパになってるかも。

当時小学生だった彼は、アメリカ在住のハーフで日本語が読めませんでした。

作り方を聞かれて、たどたどしく書いたメモのコピーがこちら。

ケビン君はこのメモを見ながら大きな茶色いキョロを作り、自信作を抱えた写真を送ってくれたのですが、見当たらず残念!

私が作り方メモに同封した写真に、彼なりの新設定を書き加えて作ったポスターも同封されていました。

‥キョロ、ギャング化して指名手配中?

彼が作ってくれたキョロは、映画「モンスターズインク」に登場するマイク似。

アメリカ少年だけに、向こうのアニメやコミックスが影響したのかもです。

1つ目キャラクターって世界中にいますよね。

モノアイの白い鳥、ルーツはザクとEVA量産機

私はモノアイが異様に好きです。

単独の目で一直線に見つめられると、怖いような、ロックオンされたような‥。

魅惑的な視線にドキッとしてしまい、心を奪われるのですね。

ちなみに、モノアイ好きのルーツはザクです。

■画像出典:電撃ホビーウエブ
https://hobby.dengeki.com/news/912199/

今でもファーストガンダムの劇中で、ザクの目がゆ〜っくり左右に動き、こっちを向いてピタッと止まるシーンでは「ひゃっ! (“>ω<)」と超ハイテンションになります。

ちなみに「白い鳥」のルーツはエヴァンゲリオン量産機。

量産機をおにぎりみたいに丸くぎゅむぎゅむする感覚で、キョロを握り‥いや、作りました。

neo

作りながら自分の「大好き」が溶け込むから、愛着が湧くんだろうな。

キョロ達には他にも幾つかの萌え要素が溶け込んでいるので、以降はジオラマを作って撮影したり、野外に連れ出して撮影することに夢中になっていったのです。

【粘土作品・キョロ】2010年・五月人形 このカテゴリでは、粘土作品・キョロを撮影した写真を紹介します。 趣味で粘土作品やフィギュアを自作する人人形やぬいぐるみなどを自...
【粘土作品・キョロ】秋のお散歩 in 植物園① 秋の植物園でキョロのロケをしたことがあります。 当時、PowerPointで写真を編集して、A4紙・2枚に納めたのがこちら。 ...